無才の古今往来 ホーム »
最近の記事

初雪が来る前の里山  

 少し早かった初雪や2度目の降雪にかまけて、それ以前に撮影した晩秋の里山の風景を出しそびれていました。ようやく落ち着いたので、と言っても何が忙しかった分けでは無くて、ただ気忙しかっただけです。それは良いのですが暫らくの間、初雪以前の話題になるかと思います。

『鳥屋ヶ峰と北の空』鳥屋ヶ峰よりさらに北の空を分かつのは、守門岳と浅草岳の稜線。
鳥屋ヶ峰と北の空

『鳥屋ヶ峰(681m)丈は低いが冬の季節風を受けて、吹き越しの雪を麓に堆く積もらす。
鳥屋ヶ峰

『名残の黄葉』沢筋に落ちる小尾根に、山毛欅だろうか黄色に輝いていた。
名残の黄葉

『枯れ葉色の山肌』枯れ葉は寂しさを感じさせるものだが、陽に輝き最後の光芒を放つ。
枯れ葉色の山肌

『落葉の季節』山道を歩けば、カサコソと枯れ葉の音が聞こえる。
落葉の季節

category: 風 景

tb: 0   cm: 4

無才のアルバム ちりつぼ

プロフィール

fc2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop