無才の古今往来 ホーム »仕事
カテゴリー「仕事」の記事一覧

高圧線鉄塔での作業風景  

 17日でしたから、3日前の雨が降る日のことでした。朝の散歩の途中で見かけた光景です。
 氷雨がシトシトで福雀のような恰好で歩いていたら、高圧線の高い鉄塔の上で、冷たい雨に打たれ
ながら作業をしていました。何の作業かは分かりませんが熟練者の作業風景に、危うさなどは感じま
せん。連携した無駄のない身動きに、かえって美しさを感じました。


高圧線鉄塔作業

高圧線鉄塔作業2

高圧線鉄塔作業3

 如何でしょう。私が感じた美しさを、ご覧いただいた皆様にも感じていただけたでしょうか。

category: 仕事

庭の樹木の雪囲い  

 昨日と先一昨日の2日間で、庭の樹木の雪囲いがほぼ終りました。実働は8時間くらいですが、高い
所にも上って作業したからけっこう疲れました。ドウダンは紅葉が終わっていないので、勿体無いの
ですが仕方ありません。雪がチラつくようになってからでは、寒くて作業も嫌になりますから。


『ドウダンの雪囲い』紅葉が雨に濡れています。紅葉していないのは、ヒラトツツジです。
ドウダンの雪囲い

『ナナカマド』なるべく実を落とさないよう気を使いました。
ナナカマドの雪囲い

『他の樹木の雪囲い』左端の山茶花が、花を咲かせ始めています。雪囲いは他にも在ります。
樹木の雪囲い
 雪囲いも終わったし、後は木の葉が落ち尽くしたら落ち葉焚きでもして冬ごもりかな。
                            ウンニャ・・(=^・^=)・・遊びに行くのだニャン!


 

category: 仕事

tb: 0   cm: 8

雪捨て場の排雪が始まった  

 雪国の春への序章は、堆く積み上げられた道路除雪の雪山を、排出するところから始まります。雪が溶けて、潺となって流れ出す第一章は、もう少し先になります。 (本編の写真は、2月25日に撮影したものです)

『雪の小山は15mくらいあるかな』屋根より高い雪が崩れたら車もペチャンコです。
積む積む

『雪の小山をユンボが掘り崩します』除雪車が吹き上げた雪は、硬く締まっています。
ユンボで

『崩した雪を、ユンボのバケットで掬って』一掬いでも相当な量がありますよ。
雪をすくう

『ダンプカーに積み込みます』荷台に雪が落ちると、頑丈なダンプカーが揺れ動きます。
ダンプに積む

『熟練した仕事ぶりは、一見簡単そうに見えます』本当は難しい仕事ですよ~。
雪を積んで

『おまけ』吃驚仰天!大慌てで飛び立つスズメちゃん。
飛び立つ

『高みの見物』嘴の黒い大人雀は動じない。「今年も始めたか」とでも思っているのかな。
雪上の雀

 『Hayley Westenra - Haru Yo Koi 』
 

category: 仕事

tb: 0   cm: 8

少し時間を蒔き戻して  

 今日は、12月4日にエントリした「ダンプカーとユンボの仕事ぶり」の続編です。雪景色のエントリばかりして、忘れそうになりましたが、しっかりと思い出しました。

『三国街道堀之内宿を流れる魚野川から八海山』現在は、魚沼市堀之内地区です。花の栽培が盛んなところで、百合の栽培では日本一と言われています。
魚野川から八海山

『少し下流の工事現場』新潟・福島豪雨での災害復旧工事の一環だと思います。
 平成23年(2011)7月26日から7月30日にかけて、新潟県中越地方、下越地方、福島県会津地方の3地域で発生した集中豪雨は、新潟県では河川の堤防が決壊するなど大きな洪水被害がありました。
河川工事

『工事現場の上流側』川の水が入らないようブロックされています。
工事現場

『うなりを上げて働く重機』いつまで見ていても飽きない光景です。
働く機械
力強い重機

 「なつかしいエレキの神様です」 
 

category: 仕事

tb: 0   cm: 6

魚野川で「ダンプカーとユンボの仕事ぶり」  

 カメラのピントを、合わせられないほど風が吹いた日でした。寒風が通り抜ける川の中で、ユンボとダンプカーが働いていました。

『バックオーライ』
バックオーライ

『川の石を積む』
砂利を積む

『ユンボのアームが動く』
働く車

『次のダンプがやって来た』
トラックが

 川工事の現場へ往復するダンプと、次々に捌いていくユンボとの連携が実に見事で、立って居られない程の風の中で飽きずに見ていた。
 工事現場では、ユンボが唸りを上げて(風の音で聞えないが)働いていたが、それは後日にする。


 「今日はこの音楽が聴きたくて」
 

category: 仕事

tb: 0   cm: 8

朝の月の下で  

 9時頃、空に浮かんでいたお月さまです。 
今朝の月

 朝の月の下で、架線工事をしていました。
月の下で

 隣の電柱を確認して、
架線工事

 気を合わせて仕事に取り組みます。
架線工事2

 一生懸命です。 
架線工事3

 月も明夜は、二十三夜の下弦の月になります。勢至菩薩、梵名マハースターマプラープタ の化身とされる二十三夜の月が、煌々と衆生を照らしてくれるでしょうか。

 「今日は、この曲を選びました。」 
 

category: 仕事

tb: 0   cm: 8

ロータリー式除雪車輌出動  

『ロータリー式除車輌出動』 
 
 ディーゼル機関車の前部に三角型の排板を取り付けて、を線路の両側へ
 除するのがラッセル車です。
 今回紹介するのは、線路上や線路の両側のを集めて飛ばすロータリー式除
 車です。
 機関車の前後にそれぞれ装着して、時に応じて使い分けているようです。

 ロータリー式除雪車輌が出動して来ました。 
ロータリー除雪車出動

 雪を力強く線路外にぶっ飛ばしています。雪を飛ばす

 決められた範囲に飛ばすため細心の注意を払います。保線車両
 今回は、上越線のロータリー除雪車輌での保線作業の様子でした。

 鉄道でも道路でも会社でも各家家でも冬は、除雪が大変な労力であります。
 出来れば、縄文時代程度の温暖な気候になってくれないかと思います。
 マスコミが騒ぐような温暖化が本当なら大歓迎でありますが、どうやら眉唾
 もののようであります。(=^・^=)暖かい方がイイニャ!!!

category: 仕事

tag:   上越線   

ラッセル車  


 JR上越線にラッセル車がやって来ました。ラッセル車

 線路にはそんなに沢山雪は積っていません。ラッセル車2

 でも除けておかないと脱線事故に繋がります。ラッセル車3

 仕事をする機械は、カッコイイ!

                         1月20日 撮影

category: 仕事

鉄道作業車両(ロータリー除雪車)  

良いお天気なのに、小出駅からロータリー除雪機を装備した作業車が出動して来ました。
ロータリー除雪車

近くで見ると道路除雪車より大きくて、機械としての迫力があります。
ロータリー除雪車2

カーブの手前から雪を飛ばし始めました。車両の後ろには、ユンボが取り付けてありました。
ロータリー除雪車3

予定した作業を終えて、小出駅に帰って行く除雪車輌です。
ロータリー除雪車4

昨日は七草粥で、お正月に疲れたお腹を休ませたでしょうか。私もお粥腹でカメラを持って出掛けたので、歩いているうちにお腹が空いて困りました。
                            お腹ペコペコだった(=^・^=)ニャン!!!

鉄道の作業車両を見た後に、こんな河原を歩いていました。雪が少ないですね。今年は、大雪になるはずでは無かったかな~。あんまり降り過ぎない方が良いに決まっていすが、これでは世界一の豪雪地の名折れです(=^・^=)ニャ~!
河原の雪

今日も、昨日ほど空は青くありませんが陽は射しています。その割に気温は上がらず、10時現在2℃です。
午後になって雨が降り出し、23時現在の魚沼市の気温はは4℃です。 

category: 仕事

一仕事  

このところ雨模様の日が続いていましたが、今日はようやく晴れました。朝の内は曇っていたのですが、お日様が出て来たので残して置いた雪囲いをして来ました。


丸く刈り込んだドウダンツツジに、冬帽子(ブウシ)をかけてやりました。これで多分、雪に押しつぶされずに済むでしょう。
縄の掛け方が下手糞ですね。と突っ込まないように。(=^・^=)
ブウシ

葉は落ちましたが、来春の芽吹きの準備は着々と進んでいるようですね。冬芽がふくらんできています。
冬芽

冬来たり春遠からじと人の言う軽々と舞う雪の重さぞ

category: 仕事

thread: 写真ブログ

janre: ブログ

tag:     雪囲い 
tb: 0   cm: 2

庭木の雪囲い  

思いがけなく初雪が早く降ったので、天候の回復した15、16日の2日間で庭木の雪囲いをしました。高い所は怖いし、低い所は腰が痛くなります。毎年のことですが、結構疲れた作業でした。

『紅葉したドウダンツツジの雪囲い』紅葉の見頃なんで、コモを巻くのは後回しです。
冬囲い

『イチゴの木の雪囲い』今が花盛りなのですが、しょうがないですね。
イチゴの木を雪囲い

『丈の低い木々の雪囲い』来春、きれいな花を咲かせてもらうように丁寧に。
雪囲い

『丈の高い木の雪囲い』紅葉の盛りにもならないのに、でも暖かいうちに作業を。
庭木の雪囲い

『枝を選定しながらの雪囲い』縄を縛るのにも、それなりの技術を要します。
庭木の冬囲い

category: 仕事

tb: 0   cm: 4

無才のアルバム ちりつぼ

プロフィール

fc2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop