FC2ブログ
無才の古今往来 ホーム »降雪の記
カテゴリー「降雪の記」の記事一覧

春の大雪  

 『亜麻色の髪の乙女』 優しい曲を聴きながら、今朝の雪の写真を見てください。 
 

 ヒマラヤユキノシタが文字通り雪の下になった。
ヒマラヤユキノシタ
 満開を迎えた沈丁花に雪が積もる。
沈丁花
 咲き始めた水仙にも雪は容赦しない。
スイセン
 屋敷林を白く染めて雪が降る。
屋敷林に降る雪
 他家の坪庭の樹木に華が咲いている。
他家の坪庭
 ドウダンの雪囲いを撤去したのに。 
ドウダンツツジ
 膨らみ始めた ユキグニミツバツツジも雪に塗れる。
雪国 三つ葉躑躅

  雪が降るとの予報であったが、こんなに降るとは思わなかった。例年なら残雪の上に降り、雪解けを遅らせる雪になる。
 今年は残雪など無いから、雪が止めば忽ち消えるだろう。しかし、なかなか止みそうもない。
今日は山桜が満載の予定だったのに。


 こちらもいいですよ。

category: 降雪の記

なごりり雪  

『ヒマラヤユキノシタ(3月24日撮影)弥生3月も下旬だと言うのに、魚沼の里には雪が降る。
ヒマラヤユキノシタ
ヒマラヤユキノシタ2
『水仙や咲くに咲けずに雪が降る』
スイセン

 暖冬で雪なしの冬を過ごしましたが、彼岸が明けてからも雪が降る。春を迎えて、豪雪の片鱗など見せなくても良いのに。
腹立ちまぎれのパクリ詩・・・あゝ魚沼や魚沼や・・・なんてね。


category: 降雪の記

視界不良  

『視界不良』集落間を結ぶ長い道です。雪が小止みになっても、どこが路肩か雪壁か綾目も付き難い。吹雪けば尚更・・・
雪路1
「おや懐かしいポスターが」(サムネイル・拡大可)
雪路2
「消雪パイプはありがたい」(サムネイル・拡大可) 
雪路3
 魚沼市ではなく長岡市の郊外です。写真は、2016年1月末の撮影です。
この年は、わりと大雪でした。
この道を、今年も何回か通りましたが積雪は見なかったような。
雪道のドライブは、そろそろ終了の季節かな。


category: 降雪の記

ブレーキランプ  

『ブレーキランプ圧雪の道は、ブレーキが利かないで怖いですよ。曲がらない、止まらない、腕が物言う雪道運転。
ブレーキランプ
(上の写真は圧雪路の通常運転)                                            (2016年1月25日14:20 長岡市で撮影)
 圧雪の道は滑って止まり難い。圧雪の道が凍結したら、止まらない事を覚悟しなければならない。圧雪が凍結した道に水が
流れたら、これはもう運転不能だ。一度やばい経験があるが、グリップを得られるまで滑るだけ。何十台も連なって滑ってい
る中の一台に、小生も居た分けだが前の車が急に止まらないことだけを祈っていた。事故にならなくて幸いでした。


category: 降雪の記

tb: 0   cm: 8

雪の十字路青信号  

『雪の十字路青信号急発進は事故の元、そろりそろそろ車が進む。(雪道運転が上手い雪国人は、ノロノロ運転では無いけどね(^^)v)
青信号2
 前回は赤信号、今回は青信号。過去の画像を引っ張り出して、雪の季節の安全運転。マナーは他人の為ならず(^^)なんてね。
雪の十字路青信号
(魚沼市小出にて)                                                  (2016年1月25日16時15分頃の撮影)

 

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 8

18日に大雪の予報は出ているが  

『18日に大雪の予報は出ているが』こんなには積もらないだろう。・・・写真は2013年2月22日の撮影です。
2013年2月22日
 
 現在の雪はこんなもの・・・まるで別世界ではないか。・・・写真は2020年2月15日の撮影・・・つまり昨日です。
2020年2月15日
 
 魚野川上空天気晴朗なれども・・・カルガモが飛ぶ。・・・ 昨日は暖かくて良い天気でした。(^。^)y-.。o○
カルガモ飛ぶ2

 魚野川ではマガモがのんびりと・・・優しげな表情だが・・・みんなカメラに気が付いているみたい。
マガモ4羽

あれ、雪の話しから脱線して、魚野川まで出向いてる。春のような陽気に誘われて、小生にも春が・・・いや呆けただけかも。


 

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 8

雪の朝に~七日の朝の光景  

『雪の朝に』天気図と睨めっこして、八日は降らないと結論したが降っちゃった。淡雪が2~3㎝フワッと積りました。
雪の朝

『七日の朝の光景』山沿いの集落の民家と雪の里山に、朝の光が・・・魚沼盆地の東に位置する集落は、朝日が遅い。
民家と里山
 里山は雪に埋もれないで樹木の枝に雪の花を咲かせている。
雪景色
 雪の積もった田圃を海に見立てれば、雪の花が咲いた里山は細長く突き出た半島かな。
雪の海に
 今年は雪不足で営業できない小出スキー場が見えた。
スキー場

 車で移動しては、駐車スペースを探して止める。その後は、撮影ポイントを探して歩き回る。そんなことを繰り返しながら、
魚沼盆地の東の山裾を移動していた。道路は凍結したころも有って、車のときも歩くときも何回かヒヤリとさせられた。


 

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 8

今朝は雪降り 春遠し  

 

『今朝は雪降り』昨日午後から雪模様・・・今朝はほれほれこの通り・・・魚沼の雪はかくの如し・・・春よこい‼
今朝は雪降り1

 春近し・・・今朝は真冬と・・・成りぬるを・・・慌て騒がず・・・朝飯を食う   雪掻きは力仕事で御座候 (^^)v
今朝は雪降り2

 今年初めての雪掻きは結構骨身に堪えます。その分ご飯が美味しくて、メタボなお腹がどうなるか。さて、その兼ね合いが
難しい。「なに言ってんの、食べ過ぎなければ良いだけよ」どこかで哀しき声がする。(@_@;)

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 8

雪の表情  

『窓の雪』 蛍の光窓の雪 文読む月日重ねつつ・・・文読まぬ月日重ねて雪明り 老いぬる身をば無才と号す(;^ω^)
窓の雪

『丸い雪』 
丸い雪

『曲がる雪』
曲がる雪

『粘る雪
粘る雪

 写真に撮るかどうかは別ですが、こんな光景は見慣れたものでした。そう、去年まで。今年は、あろうことか豪雪の魚沼に
雪が降りません。天変地異の前触れか、もう一月も下旬です。
                      雪の写真は、2013年1月の撮影です。

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 8

過去の写真から(雪の降る夜のシクラメンの花)  

『雪の降る夜のシクラメンの花』 陽にあてて取り込み忘れていた。                 (撮影2013年1月5日)
雪の降る夜のシクラメンの花

 過去の画像から、雪の降る夜に撮ったシクラメンの花を探してきた。雪に降ってもらいたい分けでも無いけれど、雪は汚れ
を全て覆ってくれる。時には凍えそうな時の中で、心の澱さえ白く覆ってくれるよう感じられもする。

category: 降雪の記

今朝の雪  

『今朝の雪』 チラッと降っただけでした。
今朝の雪

『菜園の子持ち白菜』 雪の下になっても良いと思っていたのに。
子持ち白菜

『庭の山茶花』 何時もなら、すっぽりと雪に隠される。
山茶花

 昨夜冷え込んだので、今朝は雪が積もったかと思ったら上の写真の通りでした。早朝チラついていた雪も止んで、陽が射した
りもしています。と此処まで書いて外を見ると、また積もりそうも無い雪が降り出しました。


『雪下ろし 2013年1月20日撮影 魚沼に降る雪の実力は、これくらい朝飯前なんです。
雪下ろし

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 6

早春の雪崩  

【早春の雪崩】雪融けの頃の底雪崩が、岩山から雪崩れて来ました。
雪崩
 真冬の表層雪崩と違って、固い雪のブロックが粉々になりながら落ちて来ます。
雪崩れる雪
 薮神ダム湖左岸の山肌には、幾筋もの底雪崩の跡が在りました。
薮神ダム湖

 雪国魚沼の山里に、底雪崩の音が轟く頃が遅い春の始まりです。底雪崩は急斜面の雪が山肌から溶
けて、張り付いていられなくなって雪崩れたり、雪の圧力で曲げれれていた樹木が雪を跳ね返して起
こります。スキーで野山を駆けめぐって遊んだ世代は、その季節になると雪崩れる場所を、よく承知
していたものでした。

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 6

3月の嵐  

 今朝は、久しぶりに除雪車の動く音で目が覚めた。昨夜は風が強くて、電線や高圧電線が風を切り
不気味な呻り音をたてていた。幸いにも、電柱が倒れたり電線が切れたりは無かったようだ。夜半か
らは風雪となって、朝見たら雪が樹木に纏わり付いていた。



【3月の嵐が雪を呼ぶ】北海道では、サービス作業社員が吹雪で死亡する事故があった。
3月の嵐が雪を呼ぶ
小さな写真3枚は、サムネイル画像です。
3月の嵐が雪を呼ぶ2クリックしてご覧くださいね。
                               3月の嵐が雪を呼ぶ3  寒そうでも観るのだ( ̄▽ ̄).。o○そうなのだ。
3月の嵐が雪を呼ぶ4

【寒い話】国際条約や合意を結んでも、その都度卓袱台返しの韓国。また今回も予想通りに
3月の嵐が雪を呼ぶ5

 今回は雀の食堂雪洞庵の法楽事故を、いや崩落事故をエントリしようと思いましたが、3月の嵐で
雪を纏った樹木の写真に差し替えました。まだ風は吹いていますが、雪は今のところ止んでいます。
 気温が20℃を超えたり、河津桜がきれいに咲いたり、花粉が飛散したりするのは羨ましくは無い
けれど。そんな便りが聞こえて来る季節に、寒い雪の便りを発信いたしました。
 

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 6

吹雪の中で  

【吹雪の中で】古参の雀たちが、吹雪の中で朝食を貰おうと耐えています。
吹雪

『うわ~吹雪いて来た』ヒヨドリも我慢強く朝食を待っています。
うわ~吹雪いて来た

『飛ばされる~』強い風に、背中を向け身を低くして自己確保の態勢です。
飛ばされる~

『嫌な吹雪だ』リンゴもミカンも貰えないし。
嫌な吹雪だ

『雀さん、酷い日だのう』魚沼弁で、そんな言葉を交わしているように見えました。
雀さん酷い日だのう

 現在は、風は少しだけ落ち付いています。ですが雪は乾雪で、かなり寒い日になりました。スズメ
やヒヨドリも大変ですが、彼らに餌をやり雪掻きをするのも大変です。( ̄▽ ̄).。o○~ヤレヤレ‼


全国の雨雲の動き
雨雲の動き

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 8

フワリと冷たい今朝の雪  

【フワリと冷たい今朝の雪】予報最低気温は-2℃だったが、もっと寒かったような。
フワリ冷たい今朝の雪
 ハナミズキの枝に雪の花が咲いた。
花雪
 溶けかけた雪が凍みついた。
凍みついた雪
 雪の雫が凍りつく。
凍り付いた雪
 凍みつく朝に、ヒヨドリが固まる。
凍みつく朝に
 スズメも固まる。
寒い朝

 現在は、青空が広がっています。最高気温は4℃の予報ですが、日の当たる部屋は温々です。外気は
冷たいですが、陽光の下で身体を動かすのは気分が良いですね。朝のうち大人しかった雀は、お喋りに
興じています。ヒヨドリの喧しい鳴き声も聞こえて来ます。

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 8

雪が止んだ朝の風景  

 この冬最強クラスと喧伝された寒波が去ったのか、雪が止み朝日が昇るようです。(現在は青空が広
がっています)思ったより雪は多く降らなかったが、少なかったという意味ではありません。まあ、拙
い写真でも見てください。


『東の空模様』鉄塔が聳える東の空から、雲を透かして朝日が射し込み始めた。
東の空

『南の空模様』樹木の枝に積もった雪、樹木を埋めようかとする雪、南の空の雲は薄い。
南の空

『西の空保養』空の彼方に、長岡や新潟などの都市が在る。今回の寒波も里雪模様であった。
西の空

『北の空模様』遙かに、福島県会津地方へと続く空も明るみを帯びてきている。
北の空

『東へ向かう通り』道路脇の雪は、積もった雪と道路の雪が積み上げられている。
東の通り

『北へ向かう小路』見慣れた風景だが、雪の多く降らない地方の方は驚くのかな?
北の通り

『わが家の庭木に積もった雪』現在は陽が当たり、時折雪の落ちる音が聞こえて来る。
わが家に庭木

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 6

また雪が降る  

 今冬最強クラスの寒波で、朝方から激しく雪が降っています。今回の雪は、日本海側を中心に降る
ようです。統計によると、ウチの方で最高積雪が観測されるのは、2月9日前後だそうですから帳尻
を合わせようとしているのかな。


『また雪が降る』貰った餌が雪に埋もれて見えやしない。
スズメ

『ヒヨドリの嘆き』リンゴが凍って食べづらい。
雪の日のヒヨドリ
 スズメさんも寒いだろ。
雪の日のヒヨドリ2
 頑張って食べよう。
雪の日のヒヨドリ3
 体の中まで凍ってしまう。
雪の日のヒヨドリ4

 2月の半ばを越えれば、たいていの年は雪も峠を越えます。そう言えば、今年は2月16日が旧暦の
1月1日です。旧正月でなら、新春を祝っても良さそうなんだが・・・

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 4

早朝の風景  

 今日の魚沼は、曇りの予報で久しぶりに雪が止みました。寒いのは、相変わらずで最高気温が2℃
だそうです。本日、これから集落内の班の当番で、集落センターなどの雪下ろしです。


『早朝の風景』雪は止んでいるが・・・
早朝の雪景色

『白い雪と真っ赤な南天』野鳥に実を食べられ・・・
雪と南天

『電線のスズメ』まだご飯にならないの・・・
スズメ

『温泉は良いなあ』お猿さんが羨ましい。( ̄▽ ̄).。o○(この写真の記事へ
猿の温泉 (2)

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 4

今冬最強寒波  

 傍若無人な冬将軍は、今冬最強の寒波をもたらし、小雪だった魚沼の里を埋め尽くすかの勢いで雪
を降らせています。今までのんびりし過ぎて鈍った身体は、日々何回もの雪掻きで筋肉痛になりまし
た。このまま暫らく雪は降り続きそうですが、寒波が遠のくころには、しなやかで強靭な身体を取り
戻すことが出来るでしょうか。(^^)v


『一気に降り積もった雪』測ってはいないけど2mは超えたような。
一気に積った雪

『雀のお宿じゃなかった餌場』たらふく食べて帰って行った。
雀の餌場

『氷柱の下がる軒』今冬初めて氷柱が巨大化した。
氷柱

『道路の脇に積み上げられた雪』ドーザーは力持ちだけどオペレーターの技量次第。
道路脇に積み上げられた雪

『住宅街の通りの様子』この辺りは消雪パイプが活躍している。
通りの様子

『雪猫のチコ』こりあうおっちんぐのご隠居さんから借用。
雪猫のチコ

 ここで終わっても良かったが、気になるニュースが目に付いたので・・・

【傍若無人な中国】 台湾周辺空域で、台湾空軍の戦闘機「経国」(手前)と平行して飛ぶ中国
 空軍のH6爆撃機=2017年7月(台湾・国防部提供) ・・・〔産経新聞の記事は此方で

棒寂無人な中国



【戦闘機】航空自衛隊第2航空団が「飛行初め」千歳基地】・・〔産経新聞の記事へ
戦闘機

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 8

大雪になるかな  

『天気図(24日3時)大雪になるかな?(記事は此方で
天気図24日3時

『今朝の雪』昨夜から降り出した雪で白い世界に・・・久しぶりの雪掻きは疲れる。(;^ω^)
今朝の雪

『南天の赤い実と白い雪』真っ白なお砂糖のような雪・・・
南天の赤い実と白い雪

『魚沼の雪雀』雪は降る降る無常な雪が餌場見る間に雪の下・・・窓辺に餌はと迎えに来るが。( ̄▽ ̄)
魚沼の雪雀

 南岸低気圧が関東平野に雪を降らせたと思ったら、今度は日本海側に、今冬最強の寒波がやって来
ました。今後どれくらい雪が積もるか楽しみ・・・いや充分な警戒が必要なようです。

 


『草津白根山噴火』23日、草津白根山の主峰本白根山が噴火して、大変な事態となりました。
写真の記事は此方で) (Wikipediaの本白根山は此方で) (草津白根山・本白根山について

草津白根山噴火

category: 降雪の記

tb: 0   cm: 8

無才のアルバム ちり壺

プロフィール

fc2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop