無才の古今往来 ホーム »2012年10月
2012年10月の記事一覧

  

 

 葛が沢山の実を付けています。繁殖力が強くて丈の低い雑

 木林に這い上り、葉を茂らせて木を枯らしてしまうことも

 あります。

 昔は牛馬の飼料に刈り取られたり、ツルを籠など農器具に

 加工したので大きな叢になることもありませんでした。

 在は、山の斜面一面に繁殖しているのを見かけることが

 あります。

 

 

 実はマメ科の植物らしく、枝豆に似ています。豆は食べた

 ことが無いので、味は分かりません。

 根は太く育ち、葛粉の原料になります。葛と言えば吉野葛

 が有名ですが、日本中に自生しています。

    根を干したものが生薬の葛根湯です。風邪を引いたときな

 どに、一度はお世話になったと思います。

 

 

 葛は7月から9月頃まで花を咲かせます。最近、葛の花ダ

 イエットなるものを聞きました。効果があるのかどうか

 知りません。

 そういえば、葛も秋の七草の一つでしたね。 

 
 秋の野の尾花くず花咲きしより色のちくさに月ぞうつろふ

 

 『草庵集』 (月前草花) 頓阿

 

 

 おまけ

 

 八珍柿です。佐渡ではおけさ柿、庄内では庄内柿。元は一緒な

 んですが、植えられている地域によって微妙に違うそうです。

 渋柿ですが、渋抜きをすると得も言われぬ甘さが口の中に広が

 ります。今が旬ですよ。

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 6

木々の葉も色付いてきました  

 

        ドウダンツツジと秋明菊

 

    

         カシワバアジサイ

 

 

           いろは紅葉

 

 

          実は寄せ植え

 

 

          色付き始めた楓

 

 

       ドウダンツツジとウメモドキ

 

 

           ウメモドキ

 

 

         南天の葉っぱも少し

 

 

         これはホウキグサ

 

 ようやく紅葉が始まりました。山の紅葉も始っているので

 すが、天候がはっきりしなくて撮影に出掛ける気にならな

 いでいます。

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 7

ミゾソバ  

 

 10月8日撮影のミゾソバの花です。田圃道の傍に、いっ

 い咲いていました。

 

    

 ミゾソバは、タデ科タデ属の植物です。東アジア(日本、

 朝鮮半島、中国)に分布しています。

 日本には北海道から九州の、小川や田圃の側の水辺に群生

 しています。

 和名は蕎麦に似ているので名付けられたと言うことです。

 

 

 ミゾソバに似ている植物にママコノシリヌグイがあります

 が、花だけ見ていると見分けが付かないほど似ています。

 違いは葉の形と棘の数です。

 ママコノシリヌグイは葉は三角形、棘は比べ物にならない

 ほど多いです。

 写真が無いので載せませんが、こちらを見て下さい。

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 4

お土産は写真 (東京スカイツリー)  

 タイトルの通りお土産にもらった東京スカイツリーの写真

 です。誰にもらったかと言うと、家内です。

 6月に知人の結婚式に招かれて東京に行き、その帰り道に

 撮ったものだそうです。

 実を言うと、時間があったらと私が頼んでおいたのです。

 パソコンに、家内の写真用のフォルダを作って保存してそ

 のままにしていたのですが、見返していたら面白かったの

 でエントリしてみました。    

 

    

 東京の6月10日は、薄雲はあるけれど青い空が広がって

 いたのですね。

 それにしても、ゴチャゴチャとした電線が景色を壊してし

 まいます。

 スカイツリーは、まだまだ遠いようですね。

 

 

 空の雲の形が変わって来ました。青空が広がって来たよう

 です。

 一体どれくらい歩いたんでしょうか。見に行ったことの無

 い私には、ぜんぜん見当が付きません。

 スカイツリーが大分ノッポに、大きく見えて来ました。

 

    

 雲付くばかりの大巨人、東京スカイツリーに到着したよう

 です。

 なんで下の方が写っていないんだと聞いたら、これでも後

 ろにひっくり返りそうになったと言っていました。

 ひっくり返って撮れば良かったのにと言ったら、怒られて

 しまいました。

 

   

    こんな写真や       こんな写真も

 

 と言う訳で、今回は家内の写真でした。

 

category: 風 景

ミズヒキ  

 

 わが家の雑草園と言うか、手入れの行き届かない庭のミズ

 ヒキです。花は終わって実を付けています。

 

    

 実の先にカギ状のものが付いていますが、花柱が残って成

 長したものです。これで動物の体にひっついて、遠くまで

 運んでもらう算段なのでしょう。

 

 

 

 花はこんなものです。花までボケていますが、花びらの上

 が紅く下が白くなっています。

 

 慶弔に使う水引に似ているので、ミズヒキの名が付いた

 物です。紛らわしいのでミズヒキ草とも言います。

 

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 4

「一年経ちました」  

  

 初めて見た菊です。なまえ?判りません。

 

 

 これも菊です。なまえ?お手上げです。

 

  

 

   

 

  

 

 

 越後一宮弥彦神社の、菊祭りの様子です。今年も11月1日

 から開催されます。毎年見に行っていますが、出品者のご

 苦労と情熱が伝わって来る作品が多いですね。

 菊の花言葉は「高貴」日本の秋を代表する花です。

 

 

 昨年の10月26日にブログを始めて、満1年になりました。

 

 

 先ほど集計を見たら、アクセス156.047、お気に入りRSS6

 56、ブックマーク48、トラックバック46、コメン3.392

 となっていました。

 

 私がエントリする魚沼の四季や歴史のことなど、見て頂

 るものかどうかと思っていましたが、大勢の方にアクセス

 してき、また大勢の方にコメントを頂戴して感激してお

 ります。

 

 何時まで続けられるか分かりませんが、これからも宜し

 願いいたします。

 

category: 雑 感

tb: 0   cm: 8

秋の花散歩  

 

 ムシトリナデシコでもないし、ムシトリスミレでもなさそ

 うだし、何だろう?

 何処かの花壇から逃げ出した花か、道ばたの草むらに咲い

 ていました。

 

 

 ホウズキ(鬼灯)の実です。子供の頃に近所の女の子たち

 に教えられて、実で風船遊びをしたものです。畑の隅や道

 端にも生えていたものでしたが、最近はあんまり見ない様

 な気がします。

 ホウズキと言えば、江戸時代から続いている浅草寺のホウ

 ズキ市が有名です。

 原産は東南アジアで、近縁種が南欧やアメリカ大陸の温帯

 に自生しているそうです。

 

    

 ハゲイトウです。ヤナギバヒマワリが寄り添うようにして

 いました。

 熱帯アジア原産の植物で、紅い葉が綺麗です。中国経由で

 古い時代に日本に入って来たようです。

 別名に、「カマツカ」と「ガンライコウ」がありますが、

 枕草子に「かまつか」と出て来る植物が、ハゲイトウの古

 名だそうです。

 中国では雁が渡って来る秋に見ごろを迎えるので、「雁来

 紅」(イエンライホン)「ガンライコウ」です。

 

 

 ダリアです。園芸種は多過ぎて名前など判りません。花び

 らの端っこがクルリと巻いているので、オースキッド咲き

 と言うらしいです。

 メキシコからグアテマラが原産のキク科の花です。昔は有

 毒と言われていましたが、それは誤りで花も球根も無毒だ

 そうです。別に食べたいとも思いませんが。

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 8

ムラサキシキブ  

 

 むらさき色と言えば、ムラサキシキブです。これは庭木の

 コムラサキ、実が重たげに枝をしならせています。

 ムラサキシキブの方は実が少しまばらで、枝が垂れ下がり

 ません。多少の違いはともかく、どちらも日本の秋を彩る

 ムラサキシキブです。

 

 

 ブットレアです。この花の名前を初めて聞いた時、何回も

 聞き返しました。あまりにブットンダ名前で、語尾が聞き

 取れませんでした。

 中国原産だそうですが、日本のフジウツギの仲間で、和名

 はフサフジウツギと名付けられています。

 和名で教えてもらえれば、聞き返すことも無かったのに

 

 

 これはウチの庭の片隅のヤブランです。そろそろ花も終わ

 りです。

 ヤブランは、学名のリリオべの名で呼ばれることもあるよ

 うです。

 

 桔梗や竜胆も載たかったのですが、今年は撮っていません

 でした。また今度にします。

 

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 6

シロハギ  

 

 9月に撮った写真ですが、シロハギです。もう花は終わり

 実を付けている頃です。

 

 

 ハギの実です。マメ科の植物らしい実を付けます。

 

 

 白萩はミヤギノハギの変種で、園芸種として植えられ野生

 種は存在しないそうです。

 

 

 垂れ下がったシロハギの花に、シマハナアブがぶら下がっ

 ています。蜜を吸いに来たのでしょうね。

 

 シロハギと言えば、昔訪ねたことのある鎌倉の宝戒寺の、

 石畳の参道に咲いていた花が印象に残っています。

 

(こんなところです。)

http://homepage3.nifty.com/kamakurakikou/ahoukaiji.html

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 2

散歩の途中で「黄色いコスモス」  

 

 散歩の途中で、黄色のコスモスが咲いていました。赤白

 ンクは良く見ますが、黄色だけ咲かせているのは初めて見

 ました。家の方に聞くと、イエローキャンパスと言う種類

 だと教えてくれました。

 

 1957年、玉川大学農学部育種学研究室で、突然変異で花弁

 の先が黄色くなったコスモスが発見されたのが元で作られ

 た品種だそうです。

 20年以上交配を続け、1988年に史上初めての黄色のコスモ

 ス「イエローガーデン」として発表されました。

 しかし、次第に形質の退化が見られるようになり、さらに

 改良を続け、1998年にさらにはっきりとした黄色い品種の

 「イエローキャンパス」が作られたと言うことです。

 

 

 秋も深まりつつあるのに、黄色いタンポポが咲いていまし

 た。日当たりの良い田圃道の傍で見付けました。

 

 

 野生化した桑の木の葉の上に居たアマガエルです。

 ウチの菜園にも住み着いて、青虫捕りを担当しています。

 

 

 ピンクコスモスも、まだ元気に咲いています。

 

 

 百日草も健在です。いったい何日咲く積りなのか、暖かな

 日射しを浴びて生き生きとしています。

 

 田圃に稲が見えなくなって少し寂しいですが、暑くも寒く

 も無い今の季節が、空気も澄み魚沼の一番良い季節です。

 

 まあ、山の紅葉が綺麗な季節にはその時が、真っ白な雪が

 降ればその時が、春一番の花が咲く頃はその時が、暑い夏

 が・・・まだ終わったばかりですね。(^◇^)

 

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 4

バーベナの赤い花  

 

 バーベナが沢山咲いていた花壇です。散歩の途中で見かけ

 ました。別名をビジョザクラ(美女桜)と言います。

 

 

 バーベナは、クマヅラ科クマヅラ属(バーベナ属)の花の

 総称で、約250種の1年草、多年草を含むそうです。

 ハーブとしての名はブェルブェーヌとフランス語風に呼ば

 れるそうです。舌を噛みそうですね。

 

 

 バーベナの原産は大部分がアメリカ大陸で、ユーラシア大

 陸にも自生している所があるそうです。

 園芸種は、Ⅰ年草より多年草の方が丈夫で育てやすいと言

 うことです。

 良く日の当たる花壇に植えられていたこの花は、散歩の途

 中で出会って、ドキッとさせられるほど鮮やかな赤い色を

 していました。

 

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 2

薄と秋の風景  

 江戸時代中期の俳人、与謝野蕪村の句に「狐火の燃えつく

 ばかり枯れ尾花」と言うのがありますが、これはススキの

 原の夜の情景を詠んだものです。

 すすきのと言えば、北海道は札幌のすすきのを思い出しま

 すが、日中に訪れてもあんまり活き活きとはしていなかっ

 たような。

 秋の青空を背景にしたススキは、枯れ尾花になる前の煌め

 きを見せてくれるように思います。

 

 

      みぎひだり風に戯むる尾花かな

 

 

      秋風に種蒔き散らす薄の穂

 

 

      青空を掃き清め立つ薄の穂

 

 

      句の種は尽きじススキが風に揺れ

 

 

      尾花揺れ雪待ち顔のスキー場

 

 

      秋びよりススキ一叢刈り残し

 

 

      煌めいて揺らめいて咲く尾花かな

 

 最後まで見て頂いて、ありがとうございます。写真はとも

 かく、俳句モドキが余計だったかな。 (^◇^)

 

category: 風 景

tb: 0   cm: 6

白いクジャクソウ  

 

 雪が降って来ました。嘘です。白いクジャクソウです。

 

 

 白一色の様に見えたクジャクソウも、横から見れば茎も葉

 もあります。

 

 

 上から見ると、花の重なりしか見えません。

 

 

 眩しいような白い花です。

 

 

 わが家のクジャクソウです。構ってやらないので、寝てし

 ったのもあります。薄紫色のもあったんですが、今年は

 姿が見えません。

 

 クジャクソウはアメリカ原産で、キク科シオン属の多年

 草です。昭和30年代に日本に入って来た植物で、花壇で咲

 かせたり切り花で楽しんだりします。

 草丈は120Cmくらいになり、倒れやすいので7月頃に茎を

 戻して丈を低くして花を楽しむ人もいるそうです。

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 6

秋の花と蝶  

 

     キクイモの花とツマグロヒョウモン?

 

  

        ズーミングしてみました。

     (トップの写真をこれにしました。)

 

 

      ノコンギクとツマグロヒョウモン?

 

 

     ブットレアの花とツマグロヨウモン? 

 

 

     ノコンギクに止まる花とベニシジミ?

 

 

       ノコンギクの花とベにシジミ?

 

 

       地べたを歩いていたキアゲハ

 

 

        歩みを止めないキアゲ

 

 子供の頃に、捕虫網をもって蝶やトンボを追いかけ回した

 のを思い出しました。

 今回は、捕虫網の代わりにカメラを持って追いかけたので

 すが、中々捕えられません。

 

 ?=蝶の名前に自信がありません。

   詳しい方は、ご指摘をおねがいします。<m(__)m>

 

 

 

category: 生き物の記

tb: 0   cm: 8

ネコジャラシ  

 

 ネコジャラシ、本名エノコログサ(狗尾草)イネ科エノコ

 ログサ属の1年草です。

 穂の形が、犬の尾に似ている所から名が付いた雑草です。

 ネコの目の前で振るとジャレ付くので、ネコジャラシとも

 呼ばれています。

 

    

      ネコジャラシとイヌタデのコラボ

 

 

 ネコジャラシの穂にも、実が入って来たようです。こんな

 実も、スズメなどの餌になります。

 全世界に分布する草ですから、どこの国でもスズメや他の

 野鳥に餌を提供しているのかも知れませんね。

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 6

収穫を終えた田は今  

 

 収穫を終えた田は秋晴れの空の下で、役目を終えてゆっ

 りと休息をしているように見えます。でも、春の田植後

  様に青々としているのは何でしょう。

 

 

 田植えの後のように見えた物は、刈り跡から芽を出した稲

 でした。しかも穂が出ています。まだ稲刈りから一月くら

 いしか経っていません。

 

 

 丈は低いけれど、稲穂です。しかも花が咲いています。こ

 のままお天気回りが良ければ、11月初めには実るかも知れ

 ません。

 二番米を収穫する人は居ませんが、渡り鳥や野に住むもの

 にはご馳走ですね。もっとも、このままトラクターを入れ

 なければの話ですが。

 

 二番米が実る頃に、もう一度様子を見に行ってみます。

 

 バッタです。忙しそうで、2枚目の写真は撮らせてくれま

 せんでした。

 

category: 風 景

tb: 0   cm: 6

スズメさん、何食べてるの  

 

 スズメが、ヒヨドリの落としたヤマボウシの実を食べるの

 でしょうか。

 

 

 違いました。ヤマボウシの実には見向きもしないで、何か

 探しているようです。

 

category: 野鳥の記

tb: 0   cm: 2

ヒヨドリとヤマボウシ  

 

 ヒヨドリです。小心者のトリさんです。

 

 

 頭を隠してしまいました。実は獲物を狙っているのです。

 

 

 獲物はヤマボウシの実です。まだ熟していないのでは。

 

 

 ほら、やっぱり食べ残した。

 

 

 味見した後がありますね。

 現在は殆どヒヨドリに食べ尽くされて、熟していない実が

 幾らか残る程度になりました。

 

 その代わり、紅花のヤマボウシの実が熟して来ました。少

 し小さいですが、美味しそうです。

 

 小鳥さんたち、食べてもいいよ~~。

 

category: 野鳥の記

tb: 0   cm: 4

ヤナギバヒマワリ  

 

 ひしめき合って咲いている、ヤナギバヒマワリの花です。

    

    

   米国中西部の原産のキク科ひまわり属の花で、

   ゴールデンピラミッドとも言う。

 

 

 背が高く見栄えも良い花で、街中の花壇で良く見かける。

 

 

 紅葉の散る頃の寂しい秋ではなく、楽しい秋の花ですね。

 

 

 里山の麓の花畑で咲いていたヤナギバヒマワリの花です。

 

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 6

イタドリの花とあれこれ  

 

 イタドリの花が咲いていました。15夜頃に咲くので名月草

 の別名もあります。

 

 イギリスでは19世紀に観賞用に輸入したのですが、旺盛な

 繁殖力のせいで在来種の植生を脅かしています。それだけ

 では無くコンクリートやアスフアルトを突き破ったり、住

 宅に被害を与えたりしています。

 

 イギリス政府は2010年にイタドリ駆除のため、天敵のイタ

 ドリマダラキジラミの導入を決めました。

 

 東アジア原産のイタドリですが、日本で問題化しないのは

 天敵のイタドリマダラキジラミが居たからです。

 自然は加不足無く配慮しているものですね。

 

    

 種子には3枚の翼が付いていて、風に乗って遠くまで運ば

 れて行きます。春に芽吹いた種子は、地下茎を伸ばして群

 落を形成します。成長が早いので、あっという間に人の背

 を超えるほどに大きくなります。

 

 

 これは、春先に芽生えたばかりのイタドリです。1週間も

 すれば節を持った中空の茎が、大きく伸びて来ます。

 

 子供の頃は、60cmくらいに伸びた物を折りとり、皮を剥

 て食べました。ガキ大将に、塩を付けると酸っぱい味が薄

 れ、美味しくなることを教えて貰ったりしました。遊びの

 途中のおやつの様な物でした。

 

 折りとる際にはポッコンとかスッカンと音がします。その

 音から来ているのか、ウチの方ではイタドリをスッカンポ

 と言います。

category: 植物の記

tb: 0   cm: 2

秋の味覚(栗おこわと渋皮煮)  

 

 前回、山栗のことをエントリしたのですが、その後すぐ大

 きな丹波栗が親戚から届きました。

 

 

 さっそく「くりくり坊主で」で、皮と渋皮を剥いて、何が

 出来たと言いますと、

 

 

 「栗おこわ」です。

 うるち米で栗ご飯にしても良かったのですが、もち米が好

 きなものですから「おこわ」にしました。

 「おこわ」に付き物の小豆かササゲを入れれば見栄えも良

 くなるのですが、今回は、少量作っただけなので栗だけで

 す。それでも秋を感じられて、美味しかったですよ。

 

 

 こちらは渋皮煮にするために、皮を剥いて水にさらして、

 アクと汚れを落としています。

 

 

 2~3回茹でこぼしては水で洗って渋を抜き、砂糖を入れ

 て煮立たせないようにコトコトと煮上げます。

 

 

 渋皮が破れないようにしたかったのですが、多少破れたの

 もあります。煮冷まして、甘味を吸わせました。

 渋皮が破れた物は、私が試食します。味付けは砂糖だけで

 すが、甘すぎずホクホクとして上等な仕上がりでした。

 

 私が作ったかのように記述していますが、オカーチャン作

 であります。

 名は体を表す言葉通り、私は食べるだけの無才でした。

 

category: 食の記

tb: 0   cm: 8

キジバトさんの身繕い  

 キジバトです。よく我が家の周りに来るので、何回か登場

 させています。モデル料は支払っていないのですが、近く

 の減反した田で大豆を栽培していますし、落穂もそうとう

 ありますので裕福なようです。

 今日は満腹した後の身繕いの様子を、連続写真仕立てにし

 てみました。たらふく食べているせいか、悠々として滅多

 な事では逃げたりしません。 

 

 

 

 

 

 なに見てるの?

 

 

 別に見られたって・・・。

 

 

 

 

 

 

  わが家のいろは紅葉の繁みに居ることもあり、突然ポッポ

 と耳元で鳴かれて驚くことがあります。

 ポッポ・・・キジバトはあんなアンポンタンと違います

 自然界の掟をわきまえた野鳥です。

 

おまけ 

 

キジバト(山鳩)の鳴き声も悪くないけど、山口百恵さんの歌もいいな。(^◇^)

 

category: 野鳥の記

tb: 0   cm: 6

ツリフネソウと山の白菊  

 9月27日に、山歩きをしていて見付けたツリフネソウとヤ

 マシロギクです。山といっても里山ですので、登山ではあ

 りません。

 ツリフネソウは、釣船草とも吊舟草とも表記するようです

 が、ツリフネソウ科ツリフネソウ属の1年草です。紫釣船

 とも呼ばれるようです。

 他にもキツリフネソウ(黄釣船草)や幾種類かの種もあり

 ますが、なかには白花も稀にあるようです。

 ツリフネソウの実は仲間のホウセンカなどと一緒で、刺激

 を与えると種を弾けさせます

 ヤマシロギクは山の白い菊ほどの意味です。ノコンギク

 他の野菊と見分けがつかないほど良く似ています。 

 

 

 ツリフネソウとヤマシロギク 

 

 

 ツリフネソウ 実も付けています。

 

 

 ヤマシロギク

 

 

 ツリフネソウの花と実と、種が弾けた殼が写っています。

 

ツリフネソウは、トラマルハナバチに花粉を運んでもらうた

めに、こんな形に進化したのでしょうか。   

category: 植物の記

tb: 0   cm: 4

魚沼の秋の田園風景  

 

 9月の上旬に、黄金色に輝き始めていた稲穂です。暑い夏

 でしたが、豊富な水に支えられて立派に生育しています。

 

 

 上の写真と同じ所を9月27日に訪れてみました。もうとっ

 くに刈り入れも終わり、刈り取られた株から青々とした新

 芽が出ていました。秋打ちをしなければ、2番米が実るか

 もしれません。

 

 

 同じ日に権現堂山の見える田に行ってみました。こちらも

 ほぼ終わっていましたが、刈り入れ前の田も幾らか残って

 いました。今日、明日中には刈り入れられるのでしょう。

                    

 

 魚沼コシヒカリの新米も、続々と出荷されている頃です。

 美味しい魚沼コシヒカリを、どうぞ味わってください。

 

 

category: 風 景

tb: 0   cm: 6

秋明菊が咲きました  

 

 秋明菊(シュウメイギク)別名貴船菊(キブネギク)キン

 ポウゲ科の植物です。

 

    

        原産地は中国だそうです。

 

 

  わが家の庭の秋明菊も咲き、庭が明るくなりました。

 

    

 育てるのはわりと簡単です。春に堆肥を入れますが、後は

 ほったらかしです。

 

 

 本州、四国、九州の山野や里山には、自生しているものも

 あるそうですが、ウチの方では見たことが無いですね。

 

    

 日本原産では無く、古い時代に中国から入って野生化した

 ものだそうです。

 

 

 秋まっさかりな時期に開花する秋明菊です。英語ではジャ

 パニーズ・アネモネと呼ばれるそうです。別名のキブネギ

 ク(貴船菊)は、京都の貴船で多く見られたことに由来する

 ようです。

  

category: 植物の記

tb: 0   cm: 8

山萩の花  

 

 山萩の花越しに、刈り入れの済んだ魚沼の風景が広がって

 います。この日は台風17号の影響で、景色は霞んでしまい

 ました

 

 

 里で咲く萩より、心なしか色鮮やかに見えました。時折、

 花を揺らす風が汗ばんだ身体に心地良く感じられました。

 

 

 現在は稲の刈り入れも早まり、9月中にはほとんど田に稲

 が見られなくなりました。

 機械力に乏しい昔は、稲を刈り、乾燥をして屋内に稲を運

 び入れると、初雪の季節になったということです。

 

 「をとめらに行き逢ひの

       早稲を刈る時になりにけらしも萩の花咲く」

 

 万葉集巻十にある作者不詳の歌です。なぜやら、万葉人の

 収穫の喜びに満ちた姿が見えるような気がいたします。

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 4

カクトラノオの花も見頃に  

 

 わが家の庭で咲いているカクトラノオです。例年ですと、

 8月のお盆前から咲きだすのですが今年は9月半ばごろか

 ら咲き始め、ようやく見頃になりました。

 

 

 雨の降らない夏場の影響で、何時もの年より丈が低いです

 が綺麗に咲いています。

 

 「フェソトギア」和名カクトラノオ(角虎ノ尾)。茎の断

 面が四角い虎の尾の様な花の意味。別名ハナトラノオとも

 言います。

 北アメリカ東北部原産の多年草で、毎年花を咲かせます。

 

category: 植物の記

tb: 0   cm: 5

秋桜(コスモス)  

 

   山口百恵さんの秋桜(コスモス)でも聴きながら、コスモ

  の写真でもいかがでしょう。

 

 魚沼市の道光高原コスモス園での写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 写真の出来は良くありませんが、入園無料のコスモス園で

 す。駐車場もあります。お近くの方はご来園下さい。

 この写真を撮った日は、9月30日の午前中でした。夕方か

 らの雨を思い出します

  

category: 植物の記

女郎蜘蛛  

 林道を車で走っていた際、どうにも我慢できなくなり車を

 路肩に駐車して小用を足しました。一気に迸る解放感に一

 息つきながら放物線の先を見ると、大きな網を張った蜘蛛

 がこちらを見ています。女郎蜘蛛です。

 

 

 

 

 ジョロウグモの名前は女郎から来ていると思われています

 が、上臈から来ているという説もあります。

 女郎蜘蛛の雌は体長が17㎜~30㎜もありますが、雄は6㎜

 ~13㎜ほどで、雌の半分ほどです。そんなところから、

 臈説が出たのかも知れませんね。

 

 女郎蜘蛛も毒を持っていますが、微量なので咬まれても大

 事に至ることは無いそうです。それでも、咬まれない方が

 良いに決まっています。触らない方が無難です。

 

 

category: 生き物の記

tb: 0   cm: 6

ヤマボウシの実が赤く熟して  

 

 春に白い花を咲かせていたヤマボウシの実が、赤く色付

 き熟し始めました。

 

 

 これでほぼ実物大です。実はぶら下がっています。

 

 

 こちらは赤花のヤマボウシの実です。

 

 

 実物より大き写りました。実は上向きに付いています。

 

 

 実が熟すと、こんな鳥がやってきます。果実が大好きなヒ

 ヨドリです。

 

   

 ヤマボウシの実を並べてみると、白花と赤花の、実の大き

 さの違いが分かります。大きいのが白花の実です。

 

 

 切って見ると、こんな色合いをしています。味は甘くて上

 品です。食べられるところは少ないです。

 

 大きい実に種が5個、小さな実には1個入っていました。

 

  

category: 植物の記

tb: 0   cm: 4

無才のアルバム ちりつぼ

プロフィール

fc2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop