FC2ブログ
無才の古今往来 ホーム » 歴史よもやま話 »信濃川と魚野川が交わるところ

信濃川と魚野川が交わるところ  

『信濃川雪の出合や魚野川』
信濃川と魚野川の出合
 魚野川左岸の段丘が途切れ、写真奥から流れ来る信濃川に合流している。今から一万数千年以上昔
の日本海の海岸線は、この辺りまで入り込んでいたようです。
 この信濃川と魚野川が合流する河岸段丘上には、旧石器時代の遺構が在り荒屋遺跡と名付けられて
います。細石刃や彫刻刀形石器など約10万点の石器が出土して、中でも彫刻刀形石器は、特徴的な形
で荒屋型彫刻刀と名づけられています。 荒屋遺跡の出土品はこちらで見られます。


『雪に埋もれる荒屋遺跡』12月21日の撮影です。その後、雪が積もるほど降りません。
荒屋遺跡
 荒屋遺跡には、目立った表示も何もありません。西川口保育園(だったかな)の方に、遺跡の場所を聞いて、一枚だけ写真を撮りました。
関連記事

category: 歴史よもやま話

tb: 0   cm: 8

コメント

こんにちは。

 石器時代の遺跡があるのは二つの河川が合流する辺りは同時から肥沃な土地だったんでしょうか。

 仕事で訪れた北信濃では千曲川、当たり前ですが川幅の違いを実感します。

inkyo #yNKEkr8c | URL
2016/01/12 13:04 | edit

こんにちは

 川の合流地点、こちらでも規模は小さいですがあります。
 多摩川と支流ですが、必ず小高くなっていますね。
 ここは、小さい小屋で鳥の観察できる場所があります。

one0522 #sapF.P5s | URL
2016/01/12 15:56 | edit

inkyoさん、こんばんは。

遺跡のある高台が肥沃な土地かどうか分かりません。日本には、最初から
肥沃な土地はそれ程無いように思います。日本の耕地は、日本人が長い間
耕作しながら肥沃な土に変えて来たのだと思っています。

信濃川と魚野川が合流した下流は、まだ荒々しく蛇行した川の風景が見られます。

無才 #- | URL
2016/01/12 20:11 | edit

ワンさま、こんばんは。

川の両岸または片側の小高い丘を、河岸段丘と言います。
川の流れが川底を、削りながら移動した跡です。

丘や河原でのバードウォッチングも楽しそうですね。

無才 #- | URL
2016/01/12 20:19 | edit

縄文時代

古代から豊かな人古代の暮らしがあったんですね。
そのころの人たちの生活を想像すると興味深いです。

昨年末、上野の国立博物館の古代日本コーナーがリニューアルされたので見に行きました。

硅鎧の武人像や遮光器土偶などあらためてすごい美術センスに感心しました。

ガンダム #iL.3UmOo | URL
2016/01/13 09:57 | edit

おはようございます

川霧が立ったのでしょうか
横にたなびく雲が冬であることを教えてくれているようです

合流地点は開けていて普通の場所と違った趣がありますね

とろ #- | URL
2016/01/13 10:24 | edit

ガンダムさん、おはようございます。

この荒屋遺跡から多数出土した彫刻刀形石器は、東北日本に分布するだけでなく、サハリンからシベリア、
そしてアラスカまでの広大な地域に広がることが確認されているそうです。このことから、人類の拡散の様子
や日本人の由来を考える上でも重要な遺跡なのだそうです。

無才 #- | URL
2016/01/13 10:25 | edit

とろさん、おはようございます。

この合流地点の写真を撮った側に、江戸時代の三国街道川口宿がありました。
川番所も在って、信濃川や魚野川を上下する荷舟の監視をしていたそうです。

川の出合は人の出会いにも似て、時には不思議な感じがいたします。

無才 #- | URL
2016/01/13 10:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musai00h.blog.fc2.com/tb.php/1652-b62a8bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無才のアルバム ちり壺

プロフィール

fc2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop