FC2ブログ
無才の古今往来 ホーム » 歴史よもやま話 »北国街道散策~4

北国街道散策~4  

 北国街道散策も、飛び飛びですが4回目になりました。今回は、茶塚を探して歩いていたときに、
お地蔵さんに魅かれて立ち寄ったお寺さんです。昔は、この辺りを領していた三根山藩牧野家の祈願
所であったそうです。遠くから御本堂を拝しただけでしたが、往時の面影が残っているようです。


『お地蔵さん』二対のお地蔵さんが、お寺の
お地蔵さん1入口の左右に鎮座しておりました。(サムネイル)
                               お地蔵さん2
『葷酒山門に入るを許さず』裏面に、文久二戌年五月 十八世代とありました。
葷酒山門に入るを許さず

法誉山 隆崇寺本堂』三根山藩牧野家代々の祈願所です。詳しくは下の説明文で。
本堂
説明文説明文は、クリックで別ウィンドウが開きます。
関連記事

category: 歴史よもやま話

tb: 0   cm: 6

コメント

おはようございます

立派なお寺ですね。
境内も広いようで、厳かな気になります。

散歩の時に、寺は一つなので毎日同じ方には行きません。
で、その方面に散歩の時にお参りします。

特に珍しい事も無く、普通の曹洞宗のようです。
ボタンが少し植えてあるので、その頃見に来ますが、
写真は、今までに梅くらいだったと思います。



one0522 #bmlW70E6 | URL
2016/10/14 11:06 | edit

おはようございます。

 なかなか静かなたたずまいの由緒あるお寺、二対のかわいらしいお地蔵さんも良いですね。

inkyo #mQop/nM. | URL
2016/10/14 11:20 | edit

ワンさま、こんにちは。

歩いていた道通りに面していたので、境内を覗いてきました。
下調べしていなかったので、行き当たりばったりです。

お寺の佇まいは良いのですが、未だお寺の世話になりたくも
無しの心境であります。(;^ω^)

無才 #- | URL
2016/10/14 11:55 | edit

inkyoさん、こんにちは。

牛ならぬ、地蔵に魅かれて境内を覗いてきました。由緒を書いた
説明文が無ければ、紹介することも無かったと思います。(;^ω^)

無才 #- | URL
2016/10/14 11:59 | edit

お地蔵さんが素敵ですね!

なんと風情あるお寺でしょうか。
お地蔵さんがちょこんといて素晴らしいですね。
牧野家とは老中を歴任した普代だったと記憶していますが正しいですか?。


(・.・;)

ガンダム #iL.3UmOo | URL
2016/10/15 20:48 | edit

ガンダムさん、こんばんは。

お地蔵さんに魅かれて、境内にお邪魔して良かったです。出掛ける時は、
ちゃんと下調べしないと駄目ですね。

三根山藩が立藩したのは、幕末の文久年間になってからです。それまで
は、6000石の交代寄合席の旗本でした。三根山藩牧野家は、長岡藩の
分家になります。なお、老中を歴任したのは長岡藩の牧野候です。

余談ですが、長岡の隣の与板1万石から、小諸1万5千石へ転封になった
牧野家も長岡藩の分家です。さらに、笠間8万余石の牧野家も長岡藩牧野
家を宗家としています。確か、あの峠に、そんな記述がありました。

無才 #- | URL
2016/10/15 23:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musai00h.blog.fc2.com/tb.php/1962-2c0add1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無才のアルバム ちり壺

プロフィール

fc2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop