FC2ブログ
無才の古今往来 ホーム » 歴史よもやま話 »北国街道散策~5

北国街道散策~5  

 北国街道散策記も5回目になりました。歩いている所は、お気付きの読者も居られると思いますが
旧三根山藩領(新潟市西蒲区)の一部です。今回は北国街道~2で、戊辰戦争で寺泊方面へ出兵する
庄内藩の兵に、大砲を向けられて同行を迫られた三根山藩の藩庁址を訪ねてみました。


『三根山藩址公園』広々とした芝生の広場の背後の山は、雪割草で有名な角田山です。
三根山藩址記念公園

『三根山藩址標柱』
三根山藩址標柱

『三根山藩址之碑』小高い所に立派な石碑が建っています。
三根山藩址

『旧藩記念庫』財団法人三根山有終団の手によって管理されているようです。
旧藩記念庫
三根山有終団
 検索してみると『この法人は、新潟市西蒲区峰岡在住士族旧三根山藩士が共有してきた資産を継承
し、祖風を受け継ぎもって旧藩士の面目を保持するとともに、地域の発展に寄与することを目的とす
る。』とありました。


『旧藩時代の人々の碑』説明文は、クリックして読んでください。僅か1万1千石の小藩に
も拘らず多士済々に驚きます。まだ他にも在ったようですが、写真に撮っていませんでした。


豊原又男
豊原又男生誕の地記念碑

新保正与
新保正与顕彰碑

佐藤茂富説明
佐藤茂富碑

 5回目で切りが良いので「北国街道散策」は、今回でと思いましたが終えることが出来ませんでし
た。次回は最終回にしないと、そろそろネタが尽きてしまいます。「歴史よもやま話」は、あんまり
人気が無いのですが時々これをやらないと「古今往来」の名が廃りますから。(^o^)/
関連記事

category: 歴史よもやま話

tb: 0   cm: 8

コメント

こんにちは。

 三根山藩士族であった豊原又男氏は職業紹介事業創始者とのこと、今のハローワークの基礎を創った人のようですね。北国街道沿いにはいろんな歴史があることに驚かされます。

inkyo #mQop/nM. | URL
2016/10/18 13:30 | edit

こんばんは

今まで知らなかった、歴史と人物の紹介。
地元の誇りでもありますね。

昔は、所謂時代小説ばかりなので、
どうしても派手な人物が多いようでした。
無才さんのお陰でいろいろと教えられ、
ありがとうございます。

と言っても、年の所為で右から左と、
通り過ぎてしまうのが残念ですが・・・

one0522 #bmlW70E6 | URL
2016/10/18 18:23 | edit

小藩といえども

小藩といえども藩士の矜持はなんとも立派なものですね。
藩の制度は無くなって久しいですが、その精神文化の保存と継承はしっかりしていきたいですね。
(・.・;)

ガンダム #iL.3UmOo | URL
2016/10/19 08:04 | edit

こんにちわ

寺泊 何年か前に一度行ったことがあります
何を食ったか覚えておりませんが
水族館は結構面白かった記憶があります

新潟県の行政区分なども薩長の影響を受けましたでしょうか 

とろ #- | URL
2016/10/19 10:54 | edit

inkyoさん、こんにちは。

江戸時代には、口入屋という職業紹介所が在りました。信用第一の商売
であったようです。
豊原又男の偉いところは、これを商売から国営事業にしたところですね。

仰せの通り、地方から人材が群がり起こった時代だったのでしょう。

無才 #- | URL
2016/10/20 12:54 | edit

ワンさま、こんにちは。

地元の誇りかどうかは知りませんが、お陣屋址に碑が建てられ
るくらいですからそうなんだと思います。

いやいや私のブログは、他人にものを教える様な高尚な物では
ありません。若いころのマスターベーションの様な物です。

無才 #- | URL
2016/10/20 13:00 | edit

とろさん、こんにちは。

ほう~~寺泊に・・・海の寺泊も現在は長岡市になりました。魚が美味しい所で
す。
あの水族館では、知り合いが働いています。色々工夫しているようです。

行政区分は越後国のままです。ただ旧藩時代会津藩領だった津川が新潟県になっ
たので飯豊山の飯豊神社の帰属を巡って、多少の物議があったようです。
地形図を見ると分りますが、福島県が山中深く飯豊神社まで山道一筋で食い込ん
でいます。

無才 #- | URL
2016/10/20 13:10 | edit

ガンダムさん、こんにちは。

明治時代は、お侍さんの文化そのものが継承されていました。

今でも藩士であった矜持をしっかりと保っておられる人が居る。
驚くと同時に、嬉しいことですね。

無才 #- | URL
2016/10/20 14:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musai00h.blog.fc2.com/tb.php/1966-2fdeca28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無才のアルバム ちり壺

プロフィール

fc2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop