FC2ブログ
無才の古今往来 ホーム » 歴史よもやま話 »不思議な石碑

不思議な石碑  

『不思議な石碑』てんまる杉の傍には、こんな立派な石碑が建てられていました。
石碑
 石碑の文字が、読めそうで読めないもどかしさ。右の文字と文の読みを、何方か教えて下さい。
碑の文字
 石碑の裏面に掘り込まれた御沙汰書の写し。北越戦争で戦死された方の招魂の石碑だったのです。
お沙汰書写
 菫役者と彫ってあるが、意味と読みが判らない。ぼんくら無才の地金は無教養。(;_:)
薫役者

 戊申の役で、越後長岡藩を主力とした東軍と長州、薩摩を中心とした西軍が、凄惨な戦闘を行った
のが北越戦争です。その戦争に、魚沼の各地から西軍に軍夫として駆り出されたり、自ら志願して加
わった者が居たことは知っておりました。
 てんまる杉の大崎村からも、西軍に参加された方が居られたのですね。そして戦死されて、薩摩藩
本営から招魂祭料を贈られたと言うことが、石碑に彫られた御沙汰書写で分かりました。
 戊申の役で日本の内戦が終了した分けでは無く、元司法卿江藤新平の佐賀の乱や西郷隆盛の西南戦
争を経て、明治の世が落着いた分けです。西南戦争に際しては、元会津藩士が多数政府軍に参加し、
戊申の敵討ちを称して活躍したと云う話もあります。
 明治維新は、侍が侍の世を否定し、侍の世を終わらせた戦争です。しかし草莽の中にも、志を持っ
て身を処した方が大勢居られたと、改めて感じさせられた不思議な石碑を此処で見ました。
関連記事

category: 歴史よもやま話

コメント

おはようございます。

 右の字なかなか読めません。大崎村からも、西軍に参加された方が、そのための石碑とのこと、どちらに付くか、その後の運命も変わります。

inkyo #mQop/nM. | URL
2016/12/02 11:45 | edit

無教養。(;_:)
読めませぬ。 ご無礼いたしまする

招魂碑建立・・・
そのご供養料が西軍から渡されたということなんですか
な~るほど。。。。





torisan #mQop/nM. | URL
2016/12/02 13:05 | edit

こんばんは

あちこち調べてもわからないため
南魚沼市へメールしておきました

回答を待って連絡いたします

とろ #- | URL
2016/12/02 16:44 | edit

こんばんは

旌(せい)表(ひょう)碑(ひ)では?

旌=せい
  「はた」、旗で派手な飾りがついたもの、とか、
  「あらわす」、 功績や善行を褒めて明らかにする、とか。
  功績や善行を明らかにするために門や碑を建る=旌表
と、辞書に(電子辞書)ありました。  

で、西軍の戦没者を、讃えた(?)物のようですね。
勝てば官軍では、仕方がないか・・・・ 
長岡人も、同じ日本人ですから、手厚くしなければ、と思います。

one0522 #bmlW70E6 | URL
2016/12/02 17:59 | edit

inkyoさん、こんばんは。

石碑の文字と読み、それに意味は、ワン様が懇切丁寧に教えて下さいました。
ふだん見慣れない文字は、なかなか読めませんね。

当時の庶民の中でも、志を持って行動した方が居られた。もちろん戦争ですか
ら、死は覚悟の上だったと思います。何れにしても尊い命を、日本国の礎に捧
げたと言っても過言ではないと思いました。

無才 #- | URL
2016/12/02 22:29 | edit

torisan さん、こんばんは。

読めなくても当然でありますよ。と無教養の無才が言っても
説得力がありませんね。(-_-;)

石碑の文字と読み、それに意味は、ワンさまのコメントで明
らかになりました。持つべきものは、ブロ友であります。(^^)/

西軍と言っても、薩摩藩に属していたようですね。薩州本営
とありますからね。

無才 #- | URL
2016/12/02 22:35 | edit

とろさん、こんばんは。

碑文の解明に、多大なお世話をおかけいたしました。おかげさまで
ワンさまのコメントにて、解明できました。

南魚沼市の回答にも興味があります。しかし、其の事に思いが至り
ませんでした。面目無い。(-_-;)

無才 #- | URL
2016/12/02 22:39 | edit

ワンさま、こんばんは。

旌(せい)表(ひょう)碑(ひ)

旌=せい
  「はた」、旗で派手な飾りがついたもの、とか、
  「あらわす」、 功績や善行を褒めて明らかにする。
  功績や善行を明らかにするために門や碑を建る=旌表


ご丁寧に解説頂きまして、真にありがとうございました。
大体の意味は読み取れるものの、裏付けを見つけられなく
て往生致しました。

勤王という概念は、当時の読書人なら普通に持っていた感
覚だったそうですね。
仰せの通り、敗者である東軍も日本国の為に戦ったのです。

最近、当時の東軍の戦死者も靖国へお祀りしょうと言う話
しが、国会議員の中であるようです。

無才 #- | URL
2016/12/02 22:56 | edit

日本の礎

魚沼からも日本の重大な局面において志願して挺身された方々が大勢いらっしゃったのですね。
そういえば靖国神社に西郷隆盛らも招魂される動きがあるようですね。
敵味方なくそれぞれ国を思った人は評価されるとよいと思います。

ガンダム #iL.3UmOo | URL
2016/12/03 08:00 | edit

ガンダムさん、おはようございます。

勤皇と佐幕と言いますが、どちらも朝廷を敬うという点では同じ勤皇思想を持っていました。
元々その思想を現したのは、御三家の水戸藩が編纂した大日本史からです。

当時の日本は、草深い田舎であっても読み書き算盤を学ばせるのは必須でありました。それ
無くば丁稚奉公すらままならない高度な社会だったからです。

そんな社会に住んで居た方々が、社会の変革に無関心な分けがありません。中には命まで
捧げた方がいました。今回は、そんなことを考えながらのエントリでした。

無才 #- | URL
2016/12/03 10:28 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musai00h.blog.fc2.com/tb.php/2016-5c25ce3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無才のアルバム ちり壺

プロフィール

fc2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop