FC2ブログ
無才の古今往来 ホーム » 歴史よもやま話 »坂戸城山頂の実城(本丸)

坂戸城山頂の実城(本丸)  

『坂戸山案内図』赤線は城坂(大手道)・青線は薬師尾根道・黄色の線は寺ガ鼻尾根道。
坂戸山城案内図

『坂戸山の山頂と薬師尾根』写真左の杉は、案内図の1本杉。
坂戸山の山頂と薬師尾根

『坂戸山の山頂と城坂(大手道)の沢』沢の上部が桃ノ木平。
坂戸山の山頂と大手道

『山頂の実城(本丸)を仰ぐ』急峻そのものな小尾根が連続している。
山頂本丸

『実城(本丸)跡に建つ富士権現戦国期の築城の際に勧請されたか?詳細は不明。
実城(本丸)跡に建つ富士権現

『桃ノ木平(上屋敷跡)戦事の城主屋敷跡。東西50m南北70mの削り平の廓。湧水あり。
桃ノ木平(上屋敷跡)

『坂戸山を振り返る』中央に実城・左に桃ノ木平・左端の山は主水廓。雪上の足跡侘し。
坂戸山を振り返る

 坂戸山を中心に、尾根筋や山麓一帯に遺構群のある戦国時代の山城は、上田長尾氏の鉄壁の城塞で
した。昭和54年に国指定史跡となりました。     続きます。
関連記事

category: 歴史よもやま話

tb: 0   cm: 6

コメント

こんにちは。

 昭和54年に国指定史跡とのこと、冬の晴れ渡る青空に富士権現社がきれいに、最後の写真、手前の雪の上の足跡は無才さん?

inkyo #mQop/nM. | URL
2017/01/29 14:13 | edit

こんにちは

山歩きとは、元気ですね。

こう言う山城は、イザというときの物で、
普段平地の舘に生活しなければ、不自由ですね。

築城にしろ、冨士権現建設も大したものです。
現在の建築法を使ってもかなりでしょうね。

one0522 #bmlW70E6 | URL
2017/01/29 16:40 | edit

inkyoさん、こんにちは。

最後の写真に写る足跡は小生のものです。真っ白な雪の中で、なん
だか侘びしい感じがしました。

この日は、薬師尾根から富士権現へ参拝に登る方が多かったです。

無才 #- | URL
2017/01/29 16:43 | edit

ワンさま、こんばんは。

いやいや山歩きとは言っても、1月7日のまだ雪が浅かった時のものです。

足跡・雪の坂戸城居館跡へ  ・雪の坂戸城居館跡の石碑と石垣の復元工事・
そして今回は、坂戸城山頂の実城(本丸)でした。一連のものに、シリーズ
のタイトルを付けていません。

富士権現の社殿は、 昭和五十五年に坂戸城跡が史跡に指定されたさいに
本丸跡に改築されたものです。ヘリコプターで資材を輸送する現代と違い、
築城時は人力でしたから大変な仕事ですね。

無才 #- | URL
2017/01/29 17:29 | edit

おはようございます

落葉した山肌に雪が積もると形が際立ってきれいであります
水があるようですからある程度の長居は可能だったでしょう

日ごろは何処に住んでいたでしょうか・・・

とろ #- | URL
2017/01/30 06:23 | edit

とろさん、こんにちは。

日頃の居館は、雪の坂戸城居館跡へ  ・雪の坂戸城居館跡の石碑と石垣の復元工事・
で説明した積りでしたが、お見逃しでありましょうや?

3年や4年の籠城に堪えられない城では、魚沼の要にはなれなかったでありましょう。

無才 #- | URL
2017/01/30 12:27 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musai00h.blog.fc2.com/tb.php/2083-a7ff88cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無才のアルバム ちり壺

プロフィール

fc2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop