無才の古今往来 ホーム » 植物の記 »雨に咲く花(ツツジ編)

雨に咲く花(ツツジ編)  

 

 雨に咲く花♪と言えば「およばぬことと あきらめました」で始まりますが、あきらめないで雨に
打たれて咲いているツツジを撮影してみました。まだ咲き始めたばかりですが、物憂い雨などものと
もしないで元気です。花や葉を、濡らして流れ落ちる雨粒もきれいです。


『ピンクのヒラドツツジ』
ヒラドツツジ(ピンク)
ピンクのヒラドツツジ

『白花のヒラドツツジ』
ヒラドツツジ白花
白いヒラドツツジ

『クルメツツジ』
クルメツツジ

『ドウダンツツジ』
ドウダンツツジ

 

『おまけNO20・DK君のメジロフォト最終回』今まで観てくれて、ありがとう。
今まで見てくれて、ありがとう。

category: 植物の記

tb: 0   cm: 6

コメント

 あおはようございます。

 こちらも朝から生憎の雨降り、昨日の暑さから肌寒い陽気です。雨に濡れるツツジの花もなかなか味わいがあります。およばぬことと あきらめました♪ずいぶん昔の歌ですが、良く覚えています。

inkyo #mQop/nM. | URL
2017/05/13 11:14 | edit

inkyoさん、こんにちは。

おお、そちらも雨ですか。気温の上下が激しくて、敵いませんね。

雨に咲く花の原曲は、1935年に関種子が歌ったものです。色んな
人たちがカバーしています。

無才 #- | URL
2017/05/13 11:54 | edit

こんにちわ

ツツジの名前は何故か九州ですね

こちらも今朝から雨で数日来気管支炎を患ったか寝込んでおります
シルバー人材が庭の手入れに来てツツジの花は一蹴されました

とろ #- | URL
2017/05/13 13:03 | edit

とろさん、こんにちは。

ヒラドツツジは平戸藩、クルメツツジは久留米藩の下級藩士の内職
で育て、江戸や大阪で売っていたようです。

気管支炎ですか、お大事にしてください。それに、せっかく咲いた
躑躅が残念ですね。

無才 #- | URL
2017/05/13 16:12 | edit

こんにちは

ツツジは九州、紫陽花は四国が多いようです。
それぞれ昔から栽培なんでしょうね。

早朝はまだしも、10時頃はかなりの雨で寒いですが、
「歳三忌」にどうしようか迷っていると、
息子が車で送るからと言うので、11時頃でました。

仲間と一人ジョッキ3杯づつ飲んで腹いっぱいに。
講演会もそぞろでした。

5時ころ帰りましたが、他のみんなは何処かへ・・・

one0522 #bmlW70E6 | URL
2017/05/13 18:11 | edit

ワンさま、こんばんは。

紫陽花が四国が多いとは、今まで知りませんでした。情報を
ありがとうございます。
躑躅もそうですが、江戸時代からの影響のようですね。

「歳三忌」お疲れさまです。しかし一人ジョッキ3杯づつ飲
んでは、お腹が重たくなりますね。(^^;

無才 #- | URL
2017/05/13 23:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musai00h.blog.fc2.com/tb.php/2218-5bdfc615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無才のアルバム ちりつぼ

プロフィール

fc2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop