FC2ブログ
無才の古今往来 ホーム » 歴史よもやま話 »和南津の渡し

和南津の渡し  

『魚沼は稲刈りの季節』魚野川の段丘に開かれた田園(北魚沼郡川口町中山・現在長岡市)
中山集落の田園

 江戸時代の三国街道は、越後出雲崎から中仙道の上州高崎宿を結んでいました。長岡から川口宿ま
では信濃川右岸を通り、和南津で魚野川を渡り堀之内宿を経て三国峠に向かいます。
 和南津の渡しは、幕府の佐渡金山関係や参勤交代の大名や諸家が通るため、三国街道では唯一最大
の渡し場として重要視されていました。
 渡し船は、農業用の小舟とは違い馬船と言う大型の船を使用しました。長さ14m、敷巾1.6m、
深さ3.6m、上口幅1.9mくらいの大きさで、馬が中に入っても見えなかったそうです。
 延享3年(1746)には、渡し守が3軒、名子が4軒、人数は男15人、女17人が係る大規模な渡し場
でした。大名行列が通過するときなどは、近郊の村々から多くの人足が集められたと云います。


『和南津近辺の略図』
和南津近辺

『和南津の渡し跡』魚野川の河原を開墾した野田から、対岸の和南津の川に近い森が渡し場。
和南津の渡し跡

『和南津橋と上越新幹線の橋梁』和南津橋は、国道17号線が通る。
R17和南津橋と上越新幹線の橋梁

『上越線の鉄橋と新幹線が走る橋梁』山間の小集落だが交通の要所である。
上越線鉄橋と新幹線が走る橋梁

 明治になってから、和南津から対岸の野田に和南津橋が架けられました。しかし水の勢いが強く、
船や筏が橋桁に衝突するなどの事故が相次ぎました。
 明治26年(1893)5月16日に、六日町船が橋脚に衝突した事故で18人の溺死者を出しました。こ
れを契機にして、釣橋を挟む形に一部橋の改良をしましたが、明治34年(1901)5月4日夜に大水で
流失しています。
 和南津橋上流の八郎場の激流と湾曲は船運関係者を苦しめ、船や筏が橋脚に衝突するなどの事故は
30回余に及びました。死者24名、貨物の流失は枚挙にいとまがなかった。と今に云えています。


『魚野川の曳き船』下り天国、上りは地獄、冬の引き綱ツララ生る。(和南津の渡しの下流辺り)
魚野川の引き船

 何時頃の写真か定かではありませんが、昔を今に伝える貴重なものです。また国土交通省北陸地方
整備局の信濃川五十三次、和南津と八郎場を参考にしました。
関連記事

category: 歴史よもやま話

tb: 0   cm: 8

コメント

こんにちは

川が湾曲したところから下ると激流になる。
当時は川も舟が運搬の重きをなしていたのでしょうが、
橋桁が邪魔になってたんですね。
今の技術なら橋桁もない設計が出来るでしょう。

それでとは思いませんが、
首都圏の川は今、なるべく直線にしたのかな?
近所の川も、殆ど直線が多いです。
昔は暴れ川だったとも聞きます。

渡しも、当時は危険だったのでしょうね。
現在は、いくつも橋が出来て便利になって、
生活も安全なようで何よりです。

one0522 #bmlW70E6 | URL
2017/09/22 13:32 | edit

 こんにちは。

 魚沼産コシヒカリが黄金色に輝き稲刈りを待っているようです。稲刈りの済んだ田んぼ付近は渡しの跡が、往時の苦労が偲ばれます。

inkyo  #mQop/nM. | URL
2017/09/22 13:54 | edit

ワンさま、こんにちは。

今はもう、川船の運行はありませんが昔の人の苦労を偲んでのエントリでした。

川は、直線なるが良しとは思いません。川の生態系を考えれば、曲がっている方
が自然で良いと思います。

渡し船にも色々ありますが、乗った馬が隠れるほど大きな渡し船とは調べてみて
驚きでした。

小さな集落に昔の渡し場はともかく、国道17号の橋、上越線の鉄橋、新幹線の
橋梁が集中しているのも、考えてみれば驚きです。因みに高速道は、魚野川右岸
の山中を、トンネルで潜っています。

無才 #- | URL
2017/09/22 14:02 | edit

inkyoさん、こんにちは。

コシヒカリと言うのは、草丈が高くて育てにくい稲でした。
ただ食味が抜群なので、先人が苦労して栽培法を確立しまし
た。魚沼がその先鞭でした。

川を渡る・・・これも先人の苦労があって今があるのです。
そんなことを考えながらのエントリでした。

無才 #- | URL
2017/09/22 14:09 | edit

水と人の歴史

川と人の歴史、たいへん興味深く読ませていただきました。
確かに、江戸時代は防衛政策上橋を作らないというのはあったはずですが、作ったら作ったなりの苦労もリスクもありますね。
これからもどういう歴史が積み重なっていくのか未来に思いを飛ばしても楽しい気がします。

ガンダム #iL.3UmOo | URL
2017/09/22 20:45 | edit

ガンダムさん、こんばんは。

以前エントリしていますが、和南津は、古事記の説話に出て来る
「高志和那美水門」(こしのわなみのみなと)の伝説の地とも云
われています。あくまで伝説です。
もっとも今回の江戸時代の事でも、現在は伝説ですね。(^^;)


無才 #- | URL
2017/09/22 22:53 | edit

おはようございます

これ程川が蛇行しておりますとかなりの難所
同時にある意味防衛上重要であった場所でありましょうか

こちらの渡しも小生の子供の頃はまだ二か所程残っておりました

とろ #- | URL
2017/09/24 06:47 | edit

とろさん、こんばんは。

川の蛇行する内側に、三階と言われている所が有ります。崖の高さ
では無くて、三階に届く梯子でも底に付かない深さだそうです。

和南津の渡しは、三国街道で唯一の渡し場です。大井川と同じ意味
で、徳川幕府の防衛策の一つでしたでしょう。

街道の渡し場では無く集落間の渡し舟なら、昭和40年代まで残って
いた記憶があります。バイクを積んで渡してもらった覚えがあります。

無才 #- | URL
2017/09/24 23:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musai00h.blog.fc2.com/tb.php/2357-d674a336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無才のアルバム ちり壺

プロフィール

fc2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop