無才の古今往来 ホーム » スポンサー広告 » 風 景 »破間川(あぶるまがわ)写真紀行 その15

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

破間川(あぶるまがわ)写真紀行 その15  

 飛び飛びではあるが12月7日に撮影した写真を基に、破間川写真紀行を続けたいと思う。別に発電
所やダムだけを紹介する積りでは無いが破間川沿いには、多数のダムや発電所が在り長い年月を経て
風景に溶け込んでいる。今回は、東北電力上条発電所を紹介してみたい。


『只見線鉄橋と導水鉄管』只見線上条駅が在る魚沼市渋川の外れ。国道252号線から撮影。
只見線鉄橋と導水管

上条発電所建屋』建屋の後方に、国道252号線、只見線鉄橋、そして導水鉄管が見える。
上条発電所

上条発電所建屋と変電所』国道252号線より撮影。
変電所
『別角度からの変電所』発電所の変電設備には、一種独特の美しさを感じる。
別角度からの変電所

上条発電所の排水路』横軸フランシス水車×2台(総出力8356kW)を回した水が排水される。
上条発電所排水路

『破間川』12月の破間川の水は、清冽で川風は身を切るような冷たさでした。
破間川

『破間川の堰堤』ここに湛えられた水は、上条発電所の排水と共に須原発電所に送られる。
破間川の堰堤

『水路』上条発電所の排水と破間川の水を、魚沼市細野の須原発電所に送る水路。
水路

『天ヶ倉山』破間川の写真にも写っているが、上杉謙信の時代には狼煙台砦であったらしい。
天ガ倉山

 魚沼の冬は、今のところ例年より小雪です。そうは言っても、雪国を知らない方が見たら一面の雪
景色に驚くのかも知れません。今回は、水が水車を回して電気が生まれる発電所のお話でした。


 先日テレビで、魚沼の青年たちと県外の娘さんのお見合い番組を見ました。大勢のカップルが出来
たのですが、驚いたのは雪が多く降る地を厭わない娘さんたちの発言でした。その後のことは知る由
もありませんが結婚にまで至るかどうかは、神さまだけが知っているのでしょうかね。(´ー`)


 
気になったニュース
マニラの慰安婦像
 

category: 風 景

tb: 0   cm: 6

コメント

 おはようございます。

 上条発電所は、大正15(1926)年:竣工とありましたが、90年以上の年月を経過しても、立派にその役割を果たしています。
 フィリピンにも女性像が、こちらはあまりニュースになりません。

inkyo #yNKEkr8c | URL
2018/01/19 11:57 | edit

inkyoさん、こんにちは。

水力発電所は、エネルギー革命でも起きない限り、メンテナンスを
繰り返して、この後百年も使い続けられるでしょう。

慰安婦像など何処に建っても良いのです。しかし、書かれる文言に
嘘が在ってはなりません。それだけの事です。

日本人の慰安婦は、大勢いたのに声を上げません。職業売春婦だっ
たからです。

無才 #- | URL
2018/01/19 12:58 | edit

こんばんは

今では貴重な水力発電ですから、
維持管理にはかなりの仕事でしょう。

黒部ダムは映画だけですが、
当時の関係者の厳しい努力感謝です。

フィリピンの銅像、どこか裏がありそうですが。
この大統領なら解決されそうです。

もともと慰安婦=売春婦ですから、
南政権の国内政治利用そのものです。
朝日のフェイクからなので日本の新聞社なら、
堂々と訂正記事を出すのが正しい行いでしょう。


one0522 #bmlW70E6 | URL
2018/01/19 20:37 | edit

ワンさま、こんばんは。

大規模ではありませんが、確か昭和2年から供用開始した水力発電所です。
撮影当日も点検作業をしておられました。

黒部ダムは後ろ立山連峰から見下ろしたり、黒部の太陽のトンネルからトロ
リーバスでダムサイトに抜けたこともあります。

当時は売春禁止法が無かった分けで、売春は違法でも何でもなく軍隊を客に
するのは、良い稼ぎになったようです。
慰安婦問題なんか問題でも何でもなく、反日活動そのものです。
フィリピンの慰安婦像・・・安倍総理は、いい仕事をしています。

無才 #- | URL
2018/01/19 22:27 | edit

こんにちわ

小さな水力発電所はたいてい古いですね
ある意味歴史的価値があると思いますから頑張って欲しいです

未だに謙信と信玄・どっちが強かったか・・・
政宗は景勝の小勢にさへぼろ負けしました

とろ #- | URL
2018/01/20 12:00 | edit

とろさん、こんばんは。

古いダムや発電所は、当時の技術で出来る精一杯のものであったろうと思います。
こういうものを見ているだけでも、先人の努力がいかばかりであったか感じ取れるの
ではと思います。

合戦で大将が討ち死にすれば、褒美を与える者が無い兵が敗走するのは戦国の倣い。
その伝でいくと、謙信と信玄の戦いは互角であったと思います。
天下の形勢に関係ないところで大合戦を行うとは、秀吉に言わせると田舎大名の域を出
ない所業だそうです。

無才 #- | URL
2018/01/20 19:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musai00h.blog.fc2.com/tb.php/2484-50d1a3c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無才のアルバム ちりつぼ

プロフィール

fc2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。