FC2ブログ
無才の古今往来 ホーム » スポンサー広告 » 野鳥の記 »雪降る日にはⅢ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

雪降る日にはⅢ  

【背黒鶺鴒の食事風景】乾燥したトウモロコシの引き割りを与えてみました。
セグロセキレイの食事

『餌はもう要らないの?』消雪パイプからの緩い流れに、流されないトウモロコシの餌。
餌はもう要らないの

『背黒鶺鴒は立ち止まって』セグロセキレイとの距離は5m程。
立ち止まって

『もっと食べる』歩きながら餌を啄ばむ背黒鶺鴒(セグロセキレイ)でした。
もっと食べる

 背黒鶺鴒が餌を食べているうちに、雀が黒山の様に寄って来て、あっという間に餌が無くなりまし
た。背黒鶺鴒は、この日以来毎日やって来ては雀の餌のこぼれを拾っています。
 冷たい雪が降るのに、庭先で野鳥を見られるのは幸せなことです。背黒鶺鴒をモデルにした全3回
の『雪が降るのに』は、これで終わります。




『凄い男がいたもんだ』
 

category: 野鳥の記

tb: 0   cm: 8

コメント

こんにちは。

 乾燥したトウモロコシが水分を含みちょうど良い食べ頃になっているのでしょうか、セグロセキレイにとっても無事冬を越せそうです。米軍に手厚く看護され蘇生とのこと、文字通り、不死身の身体です。

inkyo #yNKEkr8c | URL
2018/02/01 11:55 | edit

inkyoさん、こんにちは。

トウモロコシの引き割は、鶏の餌なんですが雀にも草の種と
混ぜて与えています。
セグロセキレイは、晴れた日に河原でよく見かけます。

不死身の分隊長こと舩坂 弘さんのことは、以前から存じ上
げていましたが動画を見つけたので貼ってみました。

無才 #- | URL
2018/02/01 13:03 | edit

>トウモロコシの餌…………… 黍団子を撒いたらキジさんが来たりしてwww

ぐうたら猫 #- | URL
2018/02/01 14:03 | edit

こんにちは

渋谷の「大盛堂書店」と船坂氏のつながりに驚嘆です。
学生の頃、渋谷は常連でしたので、
この書店には毎週のように行っていました。

超不死身の兵、正に驚くばかりです。
精神と肉体の強靭さに感嘆しました。

貴重な話、掲載に感謝しています。

one0522 #bmlW70E6 | URL
2018/02/01 14:22 | edit

ぐうたら猫さん、こんばんは。

トウモロコシをトウキビと呼んだ地方も、昔は在ったようですね。

キビ団子の黍は、イネ科の一年草の穀物で五穀の一つです。だから
トウキビの餌を撒いても、雉が来るのは期待できないと思うぞ。



無才 #- | URL
2018/02/01 17:28 | edit

ワンさま、こんばんは。

大盛堂書店に、学生時代のワンさまが常連だったのですね。

舩坂 弘氏が、書店経営で社会に捧げたいとの思いは、その
ことを知らない青年たちにも受け継がれていたのですね。

無才 #- | URL
2018/02/01 17:36 | edit

こんばんわ

先週仙台へ行ったら街中に白セキレイが至るところにおりました
鳥好きなレストランのお兄ちゃんが冬と夏で羽の色が変わると教えてくれました

セキレイといえば政宗ですがそちらには感心が無いようでありました

とろ #- | URL
2018/02/02 17:57 | edit

とろさん、おはようございます。

ハクセキレイは、驚異的にテリトリーを増やしているようです。
セグロセキレイとの縄張り争いでは負けますが、水辺から遠く
でも棲家に出来る強みがあります。

ウチの方でも、昔は見なかったハクセキレイが多くなりました。

無才 #- | URL
2018/02/03 11:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musai00h.blog.fc2.com/tb.php/2501-ed0a240e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無才のアルバム ちりつぼ

プロフィール

fc2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。