無才の古今往来 ホーム » スポンサー広告 » 風 景 »破間川(あぶるまがわ)写真紀行 その18

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

破間川(あぶるまがわ)写真紀行 その18  

【街の背後の山々】雪山や彼の空遠く訪ぬれば 石積むダムの鎮まると言ふ (2月9日撮影)
街の背後の山々

 破間川支流の黒叉川のダムを、昨年12月7日に訪問した際のことを「破間川写真紀行 その18」
としてまとめてみました。黒又ダムへは、深い雪に閉ざされて現在は立ち入ることが出来ません。


黒叉ダム破間川の出合近くで、黒叉川の渓谷をダムが堰き止めています。
黒叉ダム

『玉石張りの堤体』ダムは、当時の重力ダムで多く使用された玉石張りの工法です。
玉石張りの堤体

『ダム湖と堰堤』中州が出来るなど堆砂が進行したダムです。(平成14年の堆砂率は89.3%)
ダム湖と堰堤

『堰堤と越流水の水路』雪どけのころ越流堤を超える流れは、瀑布の様な圧巻の眺めです。
堰堤と越流水の水路

『黒叉ダム湖』ダム湖には要らぬ中州や枯れすすき
黒叉川ダム湖

【ダム湖の水鳥たち】コガモが群れておりました。
ダム湖の鴨たち
ダム湖の鴨たち2
                               ダム湖の鴨たち3
 ダム湖の堆砂や中州や枯れすすきは、水鳥が棲むには好都合なのでしょう。
ダム湖の鴨たち4

 もう18回もやったんだから破間川写真紀行は、はいこれまでよ~~にしようと思いました。思いま
したが、まだ写真が沢山残っています。番茶も出花の18で止めるのもなんですから、もう1回続けて
もいいかなぁ~~( ̄▽ ̄)~~
(黒叉川のダム=ダム便覧へ、黒又ダム=Wikipediaへリンクしています)

category: 風 景

tb: 0   cm: 4

コメント

 こんにちは。

 黒又ダムは信濃川水系ではもっとも古いダムとのこと、玉石張りの堤体など、歴史を感じさせます。そんな旧いダムに蓄えられた水辺で水鳥たちがのんびり泳いでいます。初冬のダム風景と今の景色が全く別世界のようです。

inkyo #yNKEkr8c | URL
2018/02/19 13:53 | edit

こんにちは

古くからのダムと湖、鳥たちの憩う場所ですね。
中州のようなものも出来ていたりと、
ダム湖の保全には難しい問題もあります。

雪解けとか夏は観光客も多いのでしょうか?
素晴らしい風景を楽しみたいですね。

one0522 #NXjqLldo | URL
2018/02/19 17:02 | edit

inkyoさん、こんばんは。

当時の現場調整でのコンクリート打設は、現在から想像もつかない困難さがあったことと思います。

ダムの周りを巡っていて、水鳥の多さに吃驚しました。光線の具合が悪くて、写真は少ないです。

無才 #- | URL
2018/02/19 19:42 | edit

ワンさま、こんばんは。

平成14年の黒又ダムの堆砂率が89.3%ですから、現在はもっと進んでいるのでしょう。
水鳥は、水深が浅くて隠れ処の中州があれば棲みやすいでしょうね。

このダムの周りには桜並木などもあって、かっては花の季節に賑ったと聞いています。
現在は、知る人ぞ知る観光とは関係ないスポットです。

無才 #- | URL
2018/02/19 19:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musai00h.blog.fc2.com/tb.php/2520-52514b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無才のアルバム ちりつぼ

プロフィール

fc2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。