FC2ブログ
無才の古今往来 ホーム » 歴史よもやま話 »小さな神社から

小さな神社から  

『小さな神社から』杉の枝葉や欅の枝に着いた雪や霧氷・・・朝の光の中で眩しく光る。
小さな神社

 北方には『六万騎山』永正6年、長尾為景と関東管領上杉顕定との長森原の戦いで登場する山城で、坂戸山城の支城の一つ。
六万騎山城址

 南方には『坂戸山』上田長尾氏累代の山城で、長房、政景、景勝と続き、景勝は上杉謙信の養子となって春日山城へ移る。
坂戸山城址

 国道291号線沿いの南魚沼市下原新田に、長森原の戦いで敗死した関東管領上杉顕定の改葬された墓所管領塚がある。
 坂戸山と六万騎山に挟まれた地形の長森原古戦場には、かって管領塚と呼ばれた塚が在った。別名を唸り塚とも言い、まだ
絶命していない将兵の苦しい唸り声であったと云う。
 守護代長尾為景に殺された弟、越後守護上杉房能の仇討ちに越後に攻め入った関東管領上杉顕定だったが、武運拙く長森原
の露と消えたのであった。
 現在は美田が広がる長森原も、明治初期までは荒蕪の地であったと聞く。もっとも此処を訪れた2月7日は、一面白銀の世界であった。
    

 
関連記事

category: 歴史よもやま話

tb: 0   cm: 8

コメント

おはようございます。


雪景色の静かなたたずまいの今の世から想像もつかない戦乱の世が、古城も懐かしく聴きました。

inkyo  #yNKEkr8c | URL
2020/02/20 09:42 | edit

ご隠居さま コメントありがとうございます。

戦国乱世は怖い世の中でありましたが、その一面、商工業が発達し
農業生産も飛躍的に上がった時代だったようです。それに伴い日本
の人口も増えたようです。

白銀の世界で、戦国時代の魚沼と関東地方との事を考えていました。

無才 #- | URL
2020/02/20 10:29 | edit

こんにちは

雪山に古を訪ねて・・・・

戦国時代、日本では歴史小説やドラマ・映画など、
人気の時代ですね。
諸国への流通が発達して経済も発展したようです。


one0522 #bmlW70E6 | URL
2020/02/20 12:19 | edit

こんにちは。

戦乱の世は、想像もつかない悲しい出来事があったのですね。

古城の曲。 私は今、大正琴で弾いています。♩
介護施設などから要請があるとボランティアで演奏に行ってるんですよ。

よしみ70 #- | URL
2020/02/20 12:26 | edit

ワンさま コメントありがとうございます。

 戦国時代は、応仁・文明の乱以後の乱れた世相を、当時の公家が古代中国の
「春秋戦国時代」の乱世になぞらえ「戦国の世」と表現したことに由来します。

 戦国時代は、15世紀末から16世紀末にかけて約百年間にわたって続きました。
その結果が、中世から近世の扉を開くことになりました。それまでの世の破壊が
新らしい世を招く、歴史の皮肉な一面です。

無才 #- | URL
2020/02/20 13:16 | edit

よしみさま コメントありがとうございます。

応仁・文明の乱が約11年間続き、その後約100年間に渡って戦乱が日本全土で続きました。
しかしそれが世を一新させ商工業や農業生産が飛躍的に上がりました。破壊と生産、歴史は
常に二つの面を持っています。

大正琴で「古城」を・・・ボランテア活動ご苦労さまです。小生も聴いてみたいです。(^^)v

無才 #- | URL
2020/02/20 13:26 | edit

こんにちわ

城と言えば権力の象徴ではなく戦闘用の山城ですね
戦艦だってありました

景勝さまの生まれ在所ですか
稀代の武将でありました

古城はカラオケが8トラックの頃よく歌いました ^^

とろ #- | URL
2020/02/20 13:54 | edit

とろさま コメントありがとうございます。

坂戸山の城は、景勝の父為景と謙信が争った時に降伏しただけでその他は一度たりとも負けていません。
大きな合戦は、小田原北条氏の大軍を打ち破り、織田信長旗下の滝川一益の大軍も打ち払っています。

長尾卯松・・・喜平次(上杉景勝)と樋口与六(直江兼続)の生まれ在所の城です。

古城は、子供のころ父親が偶に口ずさんでいました。メロデーは、それで覚えたような気が致します。

無才 #- | URL
2020/02/20 23:48 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musai00h.blog.fc2.com/tb.php/2597-e159e8b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無才のアルバム ちり壺

プロフィール

fc2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop