無才の古今往来 ホーム »
このページの記事一覧

雪代で溢れていた魚野川  

 


『4月10日の魚野川』水量絶好調の頃。河原の柳は雪の中で淡い緑に芽吹いたが、後方に聳
                   える千m級の権現堂連山の雪が多い。田圃の雪も消えていなかった。
4月10日の川1
 水量の多い川で、何か作業をしている人がいた。川魚漁の準備だろうか。
4月10日の川2
 川の流れの穏やかな所には、渡りの途中であろうコガモが群れていた。
4月10日の川3
 橋の上から上流を眺めると、白い八海山が大きい。川の中州の左が、コガモが群れていた流れ。
4月10日の川4

『4月21日の魚野川』平地や里山の雪が消えるとともに、水量はまだ多いが安定して来た。
                  後方の雪の多い山は、魚沼駒ヶ岳と中ノ岳、八海山の一部も見える。
4月21日の魚野川
 魚野川の流れを、見比べてもらいました。たった11日間で水量もさることながら、周りの景色も随
分変っています。10日の写真は青空だったのに対して、21日の写真が曇り空だったので、見比べが
微妙だったかもかも知れませんね。



『おまけNO5・DK君のメジロフォト』ぶら下がって、チュチュチュ‼
メジロ

category: 風 景

tb: 0   cm: 4

無才のアルバム ちりつぼ

プロフィール

fc2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop