無才の古今往来 ホーム »
このページの記事一覧

山本山から信濃川上流へと辿る  

信濃川山本山南面眼下の信濃川。上流(画面右)へ辿る。

 信濃川に架かる橋の下に、台風5号の影響が残る濁った川面が少しだけ見える。(8月10日撮影)
信濃川2
 山間を流れる信濃川が白く光る。飯山線が信濃川右岸を走るが、画面での確認は困難。
信濃川3
 段丘上の田園に隠れて、信濃川は見えない。
信濃川4
 中魚沼郡方面(十日町市・津南町)だが、もはや何が何だか。
信濃川5
 中魚沼郡の野は靄に霞み、暑い雲に隔てられて、苗場山が何処かも判らない。
信濃川6

 中魚沼郡の十日町や津南町を、妻有(つまり)郷とも呼ぶ。妻帯者を指すのではなく、(つまり)
は詰りで魚沼のどん詰まり、つまり信州境を指している。信州蕎麦は有名だが、十日町蕎麦も旨い
し、近隣では有名で妻有蕎麦の別名がある。十日町は、かって織物の産地で若い織娘が町に溢れてい
た時代もあった。
 そう言えば立正佼成会の庭野日敬開祖会長は、中魚沼郡十日町大字菅沼(現在の十日町市菅沼)の
出身であったのを思い出した。

category: 風 景

tb: 0   cm: 4

無才のアルバム ちりつぼ

プロフィール

fc2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop